平成29年「春のあんしんネット・新学期一斉行動」 各都道府県・指定都市における取組

都道府県名 取組 添付資料
北海道
  • 大手携帯電話事業者3社に対する「フィルタリング普及促進等に係る要請書」(北海道知事、北海道教育委員会教育長、北海道警察本部長 連名)の手交(平成29年1月26日実施)
  • 教育関係者、保護者、市町村青少年健全育成行政関係者等を対象に、インターネットの安全安心な利用方法について、青少年に適切に指導することできる人材養成を目的とした「ケータイ安全利用普及技術養成講座」の開催(平成29年2月13日留萌市、2月23日札幌市)
  • 道内各自治体を通じて、保護者や地域の大人等を対象にフィルタリング等の普及促進を図るため、リーフレットを作成し配布(平成29年3月7日)
  • 小学校卒業を控え、携帯電話の所有が増える北海道内の小学6年生の全家庭向けにフィルタリング等の普及促進や家庭でのルール作りを目的としたリーフレットを作成し配布(平成29年2月17日~3月2日)
 
青森県
  • 日 時 : 平成29年2月4日(土)10時~16時
  • 場 所 : サンロード青森 1F サンホール
  • 備 考 : 青森県警察本部のイベント「サイバー犯罪防止キャンペーン」にあわせて開催
  • 内 容 : 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」用ブースを設置し、啓発用リーフレット等400部を一般県民に配布
青森県資料
(PDF形式:379KB)PDFを別ウィンドウで開きます
岩手県
  • 街頭キャンペーンの実施
     日時 : 平成29年3月12日(日)12時~16時
     場所 : 岩手県盛岡市 イオンモール盛岡
     実施機関 : 岩手県、岩手県教育委員会、岩手県警察本部、総務省東北総合通信局他
     内容 : フィルタリング、ネット犯罪等に関する展示、資料配布、コミュニケーションアプリ等の実機体験等
 
宮城県
  1. インターネット安全講話
    青少年及びその保護者,教職員,青少年健全育成に従事する関係者等を対象として,出前講座形式でインターネットの安全利用について啓発。
  2. 2. インターネット安全安心利用啓発用リーフレットの作成・配布 青少年のインターネット上の犯罪被害やトラブルを防止するため,関係機関を対象にスマートフォンの適切な利用に関する啓発用パンフレットを配布。
  3. 3. 内閣府作成の保護者向け普及啓発リーフレット「ネットの危険からお子様を守るために,保護者ができること」(平成29年1月版)を,青少年のための宮城県民会議が主催する青少年健全育成地域研修会で配布する。
  4. インターネット安全安心利用啓発用パネルを関係機関に貸し出し。
  5. ネットトラブル防止啓発用DVDを関係機関に貸し出し。
  6. 総務省東北総合通信局,県教育庁,県警察本部との連携の上,河北新報社主催の「mamaVIVA2017」のブースに出展し,ネット安全利用に係るリーフレットの配布やDVDの上映等を行う。
宮城県資料
(PDF形式:993KB)PDFを別ウィンドウで開きます
秋田県

春の安心ネット・新学期一斉行動として、総務省東北通信局、安心ネットづくり促進協議会主催、県警、県が共催。

  • 日時 : 平成29年2月22日(水)16:00~17:00
  • 場所 : 秋田市中通7丁目2番地 秋田駅東西連絡自由通路(通称ぽぽろーど)
  • 実施機関 : 総務省東北総合通信局、県警、大学生サイバーボランティア、KDDI、エースチャイルド、
    秋田県男女共同参画課
  • 内容 : 通行者を対象に、フィルタリング、インターネットアプリ等に関する各種啓発資料の配付とデモ画像の放映等を行った。
 
山形県
  • 関係部局(課)及び管内市町村、関係団体等に本取組を周知し連携・協力依頼を行った。
  • 県民運動情報誌「見守る目・育む芽」第36号に関連記事を掲載し、広報啓発を強化した。(40,000部、市町村回覧)
  • インターネットの安全安心利用啓発イベントの開催
     日時 : 平成29年2月12日(日)午前11時から午後1時
     場所 : イオンモール山形南 1階センターコート
     備考 : 山形県警察が主催し、県、教育庁、総務省東北総合通信局等が参加
 
福島県 【期間中の取組】
  • 青少年のインターネット利用に係る情報モラル教育公開授業(2月8日)
    よりよい情報モラル教育に役立ててもらうことを目的に、知事部局、教育委員会、警察本部が連携し、県内の高校で情報モラル教育の公開授業(授業参観形式)を行う。
【準備期間中の取組】
  • 青少年有害環境対策推進連絡会議の開催(12 月22 日)
    携帯電話会社、PTA、県教育庁、県警察本部等、関係機関団体で青少年の安全・安心なインターネット利用に関して情報交換等を行う。
 
茨城県
  1. 街頭啓発活動の実施
     ・ 県内のサッカースタジアムでのフィルタリング普及啓発街頭キャンペーン
    3月4日 ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック ホーム戦)
    4月22日 県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ ホーム戦)
  2. IPA 第12回「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」茨城県地域賞表彰式の実施
  3. 各種広報媒体を活用した啓発
     ・ 県内のサッカースタジアムにおける電光掲示版への掲載
     ・ 県内イオン,水戸京成百貨店における制服やスマートフォン等売り場でのフィルタリングチラシの設置
     ・ 県広報誌「ひばり」への情報掲載
     ・ ラジオ(ラジオ県だより)の活用
     ・ ホームページを通じた広報
     ・ 茨城県庁舎2階県政広報コーナーにおけるパネル展の実施
     ・ 各種会合でのチラシ等の積極的な配布
  4. メディア教育指導員による啓発講座の実施
 
栃木県
  • 平成29年度入学する中学1年生の保護者を対象に、県内の中学校へ啓発チラシを送付する。(約20,000枚)
  • 携帯電話販売店に対する立入調査を実施して、条例の履行状況を確認するとともに、一層のフィルタリング推奨を要請する。
  • 栃木県警察本部主催のサイバーセキュリティ研修会において、来場者に対してリーフレット等配布による啓発活動を実施する。(開催日時:2月20日 場所:栃木県総合教育センター 対象:県内の青少年育成指導者等 配布枚数約100枚)
  • 宇都宮市主催の「フェスタmyうつのみや2017」において、来場者に対し、リーフレット等の配布による啓発活動を実施する。(開催日時:5月21日 場所:宇都宮市中心街 対象:学生及びその保護者 配布枚数:約300枚 )
  • 県ホームページに、県で作成した保護者向けフィルタリング啓発チラシを掲載し、フィルタリングの普及啓発を図る。
    ※添付資料参照

栃木県資料フィルタリングチラシ1/2
1/2
(PDF形式:373KB)PDFを別ウィンドウで開きます


栃木県資料フィルタリングチラシ2/2
2/2
(PDF形式:251KB)PDFを別ウィンドウで開きます

群馬県
  • セーフネット標語「おぜのかみさま」鉄道キャンペーンの実施
    スマホデビューする子どもが増える春休み前の時期に、県内を走る鉄道車両内にセーフネット標語「おぜのかみさま」のポスターを掲出し、保護者や生徒児童等に同標語の普及啓発を図る。
     ・実施時期:平成29年2月1日~2月28日までの1か月間
     ・実施内容:県内を走る鉄道の車両内に「おぜのかみさま」のポスターを掲出(掲出枚数合計:654枚)
    ※JR線(上越線、吾妻線、信越線、両毛線):540枚、東武伊勢崎線:100枚、上毛電気鉄道:14枚
     ・掲出ポスター:別添資料1のとおり
  • セーフネット標語「おぜのかみさま」リーフレットの配布
    県内の中学校新入学生徒の入学説明会時に出席する小学6年生及び保護者に、セーフネット標語「おぜのかみさま」のリーフレットを配布し、同標語の普及啓発を図る。
     ・実施時期 平成29年2月中
     ・配布リーフレット:別添資料2のとおり
    配布場所:群馬県内の公立中学校163校
    配布枚数合計:57,450枚

群馬県資料1
(PDF形式:458KB)PDFを別ウィンドウで開きます


群馬県資料2
(PDF形式:202KB)PDFを別ウィンドウで開きます


群馬県資料3
(PDF形式:196KB)PDFを別ウィンドウで開きます

埼玉県
  • ネットアドバイザーによる「子供安全見守り講座」の実施
     県で養成したネットアドバイザーを学校等に派遣し、インターネットやスマホ
     等の危険性と保護者の役割を啓発する講座を行った。
  • 携帯電話販売店への立入調査
     埼玉県青少年健全育成条例に基づく携帯電話販売店への立入調査を実施した。
  • 県広報紙「彩の国だより」3月号への掲載
     スマートフォンやSNSなどの安全・安心な利用についての啓発記事を掲載した。
  • メットライフドームでの啓発活動
     西武ライオンズの協力を得て、啓発チラシの作成とメットライフドームでの啓発活動を実施した。
     実施期間:平成29年3月18日(土)・19日(日)・20日(祝)の3試合、チラシ配布枚数:10,000枚

埼玉県資料
(PDF形式:859KB)PDFを別ウィンドウで開きます

千葉県
  • 関係部局、関係団体、市町村等に本取組を周知し、積極的な取組を促した。
  • 新中学生の保護者及び新高校生向けの、インターネット適正利用も含めた非行・被害防止等啓発リーフレットを作成し、各学校を通じて配付を行った。(各65,000部)
  • 小・中・高校生・保護者・教職員等が対象の講習会において、インターネット適正利用に関する講演を実施し、啓発を行った。
 
神奈川県 県内すべての小学6年生(新中学1年生)の保護者向けに、スマートフォンの特性や危険性等の啓発リーフレットを配布

神奈川県資料1
1/2
(PDF形式:643KB)PDFを別ウィンドウで開きます


神奈川県資料2
2/2
(PDF形式:790KB)PDFを別ウィンドウで開きます

富山県 春のあんしんネット・新学期一斉行動及び卒業・進学・新入学時期における非行・被害防止に関する啓発チラシの作成・配付
2月上旬、各小中学校を通じて、今春卒業予定の県下全小学6年生・中学3年生の保護者に対し、フィルタリング等の啓発チラシ約2万部を配付。
(対象学年の児童生徒数は19,626名。各学校予備含む送付数は21,100部。)

富山県資料
(PDF形式:495KB)PDFを別ウィンドウで開きます

石川県
  1. 現中学3年生の保護者に対するリーフレットの配付
    「中学3年生の保護者の皆様へ 親子のホッとネット大作戦」の配付(1~3月)
    ※県教委と作成、内容は生徒にも分かりやすいものとなっている。 (14,000部)
  2. 新高校1年生等に対する非行防止啓発チラシの配布(4月)
    新高校1年生の保護者と生徒向けに、非行防止啓発チラシを作成し配布。
    内容:コミュニティサイト等での性犯罪被害等について注意喚起、ネットの適正利用と依存防止のためのルール作りやフィルタリングの利用を啓発
    (県下の全公立、私立高校及び各市町教育委員会等に配布 計22,000枚)
 
長野県
  • リーフレットの作成・配付
    県内の様々なネットトラブルの相談に対応する公的相談機関を記載した中高校生向け・保護者向けそれぞれのための啓発用リーフレットを作成し配布した(3月)。
    生徒向けリーフレット 県下全中学・高校生及び教職員(145,000部)
    保護者向けリーフレット 県下小・中・高校生保護者及び教職員、市町村教育委員会等(265,000部)
  • 県教委がスマートフォン等の使い方を啓発するリーフレットを作成し、新中学1年生、新高校1年生、特別支援学校高等部全生徒に配付した(5月)(中1 25,000部、高1 24,000部、特別支援学校高等部全員 3,000部)。また、インターネットを利用する際の注意点などをまとめた指導用のDVDを作成、県内全中学校と高校、特別支援学校高等部に430枚を送付
  • 県教委が、インターネットの適正利用と性被害防止教育を行う「子どもの性被害防止キャラバン隊」を、高校を中心に派遣
    (4月15校、5月24校)
 
岐阜県
  • 保護者向け啓発リーフレットの作成・配付
    県内の児童・生徒及びその保護者に対し、青少年のインターネットの安全・安心利用に関する必要な情報を提供することを目的として作成・配付
    部数 : 250,000部
    配付時期 : 平成29年3月
    対象 : 県内の全小・中学校、高等学校、特別支援学校、私立学校、国立学校の児童・生徒(ただし、高校3年生は除く)及びその保護者
  • フィルタリング利用促進キャンペーン
    FC岐阜のホームゲーム会場においてリーフレットの配布等啓発活動を実施
    日時 : 平成29年3月12日(日)

岐阜県資料1
(PDF形式:182KB)PDFを別ウィンドウで開きます

静岡県
  1. 「親子で話そう!!我が家のケータイ・スマホルール」カレンダーの配布
    (1) 配 布 数 85,000部(A3判二つ折り)
    (2) 配布対象 新小学校6年生と新中学校3年生の全保護者
    (3) 配布時期 平成29年3月~5月
  2. 「ケータイ・スマホルール」アドバイザーによる伝達講習会
    平成28年度に養成した125人の「ケータイ・スマホルール」アドバイザーが、 1の「親子で話そう!!我が家のケータイ・スマホルール」カレンダーなどを使い、正しく安全なネット利用のしかたについて、家庭で話し合ってルールを決めることの大切さを小中学校の保護者に伝える。

静岡県資料1
1/2
(PDF形式:491KB)PDFを別ウィンドウで開きます


静岡県資料2
2/2
(PDF形式:452KB)PDFを別ウィンドウで開きます

愛知県
  • 小学6年生(新中学1年生)の保護者を対象として、県内の全小学校へスマートフォンのフィルタリング促進に関する啓発チラシを配布(平成29年2月実施、対象児童数 約69,000名)
  • 愛知県青少年保護育成条例に基づき携帯電話販売店等への立入調査を実施
  • 保護者のためのスマホ教室の開催

愛知県資料
(PDF形式:1,036KB)PDFを別ウィンドウで開きます

三重県
  1. 携帯電話販売店に対する立入調査の実施
     三重県青少年健全育成条例に基づく携帯電話販売店への立入調査を実施
  2. 保護者向け冊子「三重県青少年健全育成条例ハンドブック」改訂による、ネット被害防止広報啓発
  3. ラジオ放送によるフィルタリング利用啓発及びネット被害防止広報啓発
     日時:平成29年3月17日(金)
     放送局:FM三重 READY!「三重県からのお知らせ」
 
大阪府
  1. 啓発物の提供による広報・情報提供
    • 府内市町村青少年行政主管課へのフィルタリング啓発協力依頼と啓発物(ティッシュ・チラシ等)(平成29年2月~5月 約25,000部)・ネットいじめなどのトラブルの際に相談できる窓口を記した「ネットトラブル相談窓口カード」を府内全ての中・高・支援学校へ配布(平成29年1月~3月 約20,000部)
  2. 各種広告媒体を活用したフィルタリング利用啓発
    • 大阪府公式Facebookでの広報(平成29年3月14日)
    • スーパー銭湯テレビバナーでの広報(府内21箇所、平成29年5月)
  3. 教育機関、携帯事業者、PTA、総務省近畿総合通信局、警察等が集まる会議において周知し、啓発協力を依頼(平成29年5月30日)
 
兵庫県

1 ネット利用のルールづくりやフィルタリング利用の重要性について呼びかける啓発リーフレット「保護者のためのネット利用ガイドブック」を作成(50,000部)・県下の小・中・高等学校等へ配布(3月)

2 新高校1年生の保護者を対象としたリーフレット「ネットの危険から子どもを守るために保護者ができること」を作成し、入学説明会等で配付・説明(3月)

 
奈良県
  • 「青少年を有害環境から守る奈良コンソーシアム」と協働による大学生ボランティア指導員による出前啓発講習会の開催(平成29年2月2日(木)、平成29年2月9日(木)、平成29年2月16日(木)、平成29年2月17日(金))
  • 携帯電話販売店に対する県条例の遵守及びフィルタリング利用促進文書の送付
    (平成29年4月3日(月))
  • 「なら県政出前トーク」による出前講習会の開催
    (平成29年2月22日(水)、平成29年4月21日(金)、平成29年5月31日(水))
 
和歌山県 1 携帯電話販売店に対する立入調査の実施(県内全店舗に対し実施)
  • 和歌山県青少年健全育成条例等の履行状況の確認
  • フィルタリングサービスの利用推奨の要請
2 入学式等における青少年及び保護者に対する「県政!おはなし講座」の実施
  • フィルタリングの設定、家庭内のルール作り、インターネット・リテラシーの向上について
    新小1、新中1、新高1年生の保護者に対するリーフレットの配付(資料1) 約28,000枚配付
3 ネット指導教員養成講座の実施
  • ネット依存防止と情報モラル教育を行う教員の養成
     対象…県内全教員及び青少年関係機関職員(青少年センター職員等)
4 ネットセミナー・研修会の開催(資料2)
  • 青少年インターネット依存防止啓発セミナー(年2回) ※対象…県民
    平成29年3月11日(土)、3月19日(日) 13時~14時30分(両日とも)
  • スキルアップ研修会(年2回) ※対象…教員、保護者、青少年相談機関の職員
    平成29年3月11日(土)、3月19日(日) 14時45分~16時(両日とも)

和歌山県資料1
(PDF形式:568KB)PDFを別ウィンドウで開きます


和歌山県資料2
(PDF形式:936KB)PDFを別ウィンドウで開きます

徳島県
  • 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の取組みについて、県内市町村、関係団体等に周知し、協力依頼を実施。
  • 青少年携帯電話対策連絡会議構成機関(国、県、PTA、携帯電話会社、関係団体)において、青少年の安全・安心なインターネット利用に向けた取組みについて情報交換を実施。(2月16日)
  • 各種会議等においてフィルタリング利用促進に関する情報交換を実施。(2月17日、2月24日、2月28日 ユースサポーターブロック研修会(南部・西部・北部))
 
香川県
  1. 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の取組みについて、県内市町及び関係団体等に周知し、協力依頼を実施。
  2. 携帯電話インターネット接続役務提供事業者等の販売店への立入調査等の実施
  3. 広報・啓発
    •  青少年ネットトラブル防止研修会の開催(2回)
       平成29年2月18日(土)、2月19日(日)
       講師:鳴門教育大学大学院学校教育研究科 阪根健二教授
    •  携帯電話等ネット安全利用に関する出前講座の実施(2月:5回)
    •  保護者を対象とした啓発活動
       ・ PTAの集会及び学習会等に県教委が委嘱した「さぬきっ子安全安心ネット指導員」を派遣
       ・ 「さぬきっ子安全安心ネット指導員」の育成等
    •  啓発リーフレット、広報誌及びラジオ等を活用した広報・啓発の実施
    •  携帯電話等の販売店と連携し、機器購入時に青少年と保護者に対して啓発リーフレット(ケータイ・スマホ「家族の約束」)を配布 

香川県資料
1/3 (PDF形式:602KB)PDFを別ウィンドウで開きます
2/3 (PDF形式:370KB)PDFを別ウィンドウで開きます
3/3 (PDF形式:701KB)PDFを別ウィンドウで開きます

愛媛県

県と愛媛県青少年育成協議会との連名で、スマートフォン等の安全・安心な利用を呼び掛ける啓発用資料を12万部程度作成し、小学生(5~6年生)、中学生、高校生の保護者、携帯電話事業者、青少年関係団体等へ配付のほか、各種大会等での活用、HPでの情報発信など、あらゆる機会をとらえて、青少年の適切なネット利用の促進を図った。

 
福岡県
  • 小学校のPTA役員等を対象に、実機を利用した「フィルタリング実践講座」を開催し、フィルタリングや年齢に応じた利用制限、トラブル回避や対応方法について、身近で相談できる大人を確保し、詳しい大人を中心とした地域の取組みの促進を図った。
  • 「福岡県非行防止・ネット依存防止地域ミーティング」を実施し、地域や学校等において、メディアとの関わり方等に関することをテーマとした講座等の学習会を開催する際に、県に登録のある講師を派遣し、問題意識の高揚を図った。

福岡県資料1
(PDF形式:350KB)PDFを別ウィンドウで開きます

福岡県資料2
(PDF形式:700KB)PDFを別ウィンドウで開きます

長崎県

中学校新入生の保護者を対象に、入学式当日、インターネットやスマートフォンの利用に関する5分程度の啓発を実施。

 主な啓発内容は、
  • 家庭におけるスマートフォン利用のルールづくりについて
  • 青少年を有害サイトから守るフィルタリング設定について
  • 保護者の責任について
 講師は、長崎県メディア安全指導員等。
 10市町35校において実施。(34校・・・4月7日,1校・・・4月9日)
 
熊本県

 熊本県は、平成29年「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の一環として、国(九州総合通信局)、警察、学校関係者及び携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトバンク、QTnet)が、同年1月から2月にかけて、県内の公立中学校(本年度35校、生徒約5,000名)を対象に、青少年のインターネット利用に係る犯罪被害・加害防止を目的とする入学前保護者説明会を実施しました。
 また、同取組の一環として、県内の高等学校約80校を対象に、県教育庁が主催した平成28年度教育情報化等に係る留意事項に関する説明会(3月開催)を受講した担当教諭(84名)が、各校の入学説明会及び入学式において、携帯電話安全安心利用のための啓発活動を実施しました。

熊本県資料
(PDF形式:615KB)PDFを別ウィンドウで開きます
大分県
  1. 県内の小中高等学校に対して、入学説明会にあわせた、e-ネットキャラバンによる講座開催案内を通知した。
  2. 卒業時期にあわせた3月18日、県内で実施した「青少年のネット利用実態調査結果」を公表・広報した。
  3. 大分県・大分県警において、携帯電話インターネット接続役務提供事業者に対する立入調査、フィルタリング促進について協力を要請。
  4. 青少年を取り巻く有害環境対策に係る「おおいた地域コンソーシアム」と大分県青少年育成県民会議において、フィルタリング利用及び家庭のルールづくり促進に関する啓発活動をJR大分駅前で実施した。
     日時 : 平成29年3月13日(月)16:50~17:30
     場所 : JR大分駅広報啓発空間
     内容 : 通行人に対してフィルタリングの利用促進や家庭でのルールづくりなどの理解を深めるため、啓発用ポケットティッシュ・啓発カードを配布した。
 
宮崎県
  • 県内の小・中・高・支援学校において、宮崎県メディア安全指導員によるメディア安全教室を随時実施
    (3月:1回(中学生等約80名、4月:3回(保育園保護者等約220名)
  • 県内の小・中・高・支援学校全455校に対して、県が委託して制作した「青少年が安全に安心してインターネットを活用するための映像教材(DVD)」を配付
 
鹿児島県
  1. 環境情報誌「ヘルシーユースかごしま」の配布
     (印刷部数:10,000部 ほか,県のHPでもダウンロード可能)
     (配布対象:卒業・入学を控えた中学生・高校生等)
     (内容:青少年の犯罪被害を防ぐため,青少年やその親に対し,インターネットの危険性を認識・理解させる。)
  2. 「青少年安心ネットづくり促進会議」の開催
     (内容:関係事業者,教育,行政が一堂に会し,青少年が安心してインターネットを活用できる環境づくりについて共通認識を深める。)
  3. 「あいさつ・声かけ実践街頭キャンペーン」の実施
     (内容:街頭で青少年がチラシや花苗,ティッシュなどを配布し,青少年育成運動やインターネットの安心利用に係る啓発を行う。)
 
沖縄県
  1. 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」についての通知文の発出
  2. 携帯電話インターネット接続役務提供事業者等の販売店への立入調査等の実施
  3. 卒業式・入学式・保護者会等の場を活用したスマートフォン等インターネットの安心・安全な利用に関する講話の実施
  4. 総務省総合通信局沖縄総合通信事務所と連携したeネットキャラバン隊の活用
  5. 人権啓発事業と連動した啓発資料の作成・配付
 
指定都市名 取組 添付資料
札幌市 北海道警察が主催する、ネット犯罪被害の防止及び児童が使用する携帯電話のフィルタリング普及に向けた取組としての警察官による中学校における入学生説明会時の説明について、市内全中学校に周知している
(目的)
  • 中学校における入学説明会の機会に、保護者に対し、警察官が直接、フィルタリング設定の重要性等について説明し、その認識や理解を深める。
(内容)
  • フィルタリングの重要性や必要性、年齢等に応じた利用の促進
  • コミュニティサイト等の利用による福祉犯被害の防止対策

【関連資料】
 ※事務連絡「児童生徒のネット犯罪被害の防止に向けた取組について」 (平成28年12月16日)

札幌市資料
(PDF形式:114KB)PDFを別ウィンドウで開きます
仙台市
  1. 関係機関職員研修会の開催
    (1)日時 平成29年2月24日(金)午後3時00分~5時00分
    (2)演題 「不登校・ひきこもり 学校や家庭での対応~不登校の原因と対処法、学校や家庭ですぐにできる具体策~」
    講師 全国Webカウンセリング協議会 安川 雅史 氏
    (3)対象機関 仙台市・区役所関係各課、仙台市内小・中・高校等
  2. 機関紙等を利用した広報・啓発活動
    (1)子供相談支援センター機関紙「銀杏坂タイム」による広報(年11回発行) 市内関係各課、市内小・中・高校等へ配布 450部/回
 
千葉市

平成29年4月に市内小学5年生、中学1年生の保護者を対象に家庭教育資料として「ネット社会における子どもたちの安全~見えないコミュニケーション~」を掲載したリーフレットを配布。学校の学級懇談会等での活用を促し、周知を図った。

 配布日 … 3月24日(4月1日以降に配布する旨を記載)
 配布枚数 … 小5 → 9,370部 中1 → 8,390部
 
相模原市
  1. 「情報モラルハンドブック2017(http://www.sagamihara-kng.ed.jp/jouhou-han/jouhoumoraru/index.html)」の配付
    平成29年4月に「情報モラルハンドブック2017」を市内全小・中学校に配付するとともに、6月23日(金)の情報セキュリティ・モラル研修講座(小中学校各校1名出席)にて実践方法等を紹介し、周知を図る。
  2. 本市大沢中学校での取り組み
    2月~5月の間に、市内大沢中学校の各学級委員が学級においてネットに関するルールの周知を図った。
 
静岡市
  • 毎年、1月下旬に静岡市内の全ての中学校(国公立、私立も含む)に市が作成した啓発リーフレットを新入学生分配付しています。また、説明資料も配付し、入学説明会におけるリーフレットの配付と説明を各中学校に依頼しています。

静岡市資料1
(PDF形式:326KB)PDFを別ウィンドウで開きます


静岡市資料2
(PDF形式:954KB)PDFを別ウィンドウで開きます

名古屋市
  • 市公式ウェブサイトにて、インターネットの適正利用方法や参考情報を公開(平成29年4月12日~)
    URL : http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000091395.html
  • 市公式LINE@にて、家庭でのルールづくりとフィルタリング設定の必要性について発信(平成29年4月14日)
    ※別紙1参照
  • 「正しく使おう インターネット」を掲載したパンフレット「平成29年度青少年育成地域活動ガイド」の作成及び配布
    発行 : 平成29年5月
    作成部数 : 12,700冊
    配布対象 : 各区、青少年育成者、小中学校、一般市民など
    ※別紙2参照 (関連部分抜粋)

名古屋市資料1
(PDF形式:165KB)PDFを別ウィンドウで開きます


名古屋市資料2
(PDF形式:277KB)PDFを別ウィンドウで開きます

堺市 全児童生徒対象に「堺市立学校 スマホ・ネット ルール5 “まもるんやさかい”」リーフレットを作成・配付し、「家での7つのやくそく」リーフレットとともに入学式及び始業式等で保護者等にも周知しており、今後も継続実施していく  
広島市 総務省中国総合通信局が実施予定の下記の事業への参加
  • マツダスタジアムでのリーフレット等の配布
  • 地元放送局の番組コーナーを活用したPR及びリーフレット等の配布(広島パルコ前)
  • JR広島駅でのリーフレット等の配布
電光掲示板(デジタルサイネージ)によるPR(2月~3月)
  • 総務省中国総合通信局と協働し、広島市役所及び各区役所、シャレオ(地下街)等の電光掲示板に、準動画コンテンツ(スマホのつき合い方、フィルタリングの重要性)を放映
 
北九州市 リーフレット「スマホ・ケータイ社会の危険」の作成及び配布
  • 対象 : 市内小学校4年生~中学校3年生の子ども及び保護者向け
  • 内容 : スマホ利用の在り方、注意点、スマホ利用時のルールづくり等についての情報提供及び啓発
  • 配布時期 : 平成29年3月
  • 部数 : 65,000枚
[掲載手続き中]
熊本市
  • 平成28年11月4日~11月15日に熊本県くらしの安全推進課との協同で携帯電話販売店舗への立入調査を実施し、新入生を含めた契約者に対するフィルタリングの啓発を依頼した。
  • 熊本市教育委員会では、熊本県青少年安全・安心ネット利用促進連絡会より啓発のための講話を希望する学校募集の依頼を受け、各学校の希望をとりまとめ、中学校入学説明会においてインターネット・リテラシーの向上に関する啓発を行っている。