基本計画の決定経緯について

 インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進会議

青少年インターネット環境整備法(平成20年法律第79号)に基づいて、内閣府に「インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進会議」が設置されました。同会議は、内閣総理大臣を会長とし、関係閣僚で構成されており、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策の推進に努めています。

※ 平成22年4月1日付けにて、子ども・若者育成支援推進法(平成21年法律第71号)の施行により廃止されました。

  • 設置根拠
  • インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進会議令
    ※ 平成22年4月1日付けにて、子ども・若者育成支援推進本部令(平成21年政令第281号)により廃止されました。
  • インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進会議の概要
所掌事務
(1)青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画を作成し、及びその実施を推進すること
(2)(1)のほか、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する重要事項について審議すること
会長 内閣総理大臣
委員 内閣官房長官、関係行政機関の長及び内閣府設置法(平成11年法律第89号)第9条第1項に規定する特命担当大臣その他の国務大臣のうちから、内閣総理大臣が指定する者

 インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進会議幹事会

推進会議決定に基づき、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画の案を作成するとともに、同計画の実施に係る事項の推進を図ります。

※ 平成22年4月1日付けにて、子ども・若者育成支援推進法(平成21年法律第71号)の施行により廃止されました。

  • インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進会議幹事会の設置について
    (平成21年4月23日インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進会議決定)

 基本計画素案に対する意見募集

  • 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画(素案)」に対する意見募集
    (平成21年4月28日~5月25日)
  • 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画(素案)」に対する意見募集の結果について