内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP:エスアイピー) > 第2回SIPキャラバン(ウイーン・パリ・ロンドン)開催報告

第2回SIPキャラバン開催報告【平成28年10 月17日 ウィーン、10月19日 パリ、10月21日 ロンドン】

「SIPキャラバン」とは、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の国際連携、出口戦略としての国際展開などを念頭に、先ずはSIPの紹介を行うことを目的として、内閣府が外務省及び在外公館と連携して国際広報活動、連携可能性調査を行うものです。

 外務省との連携については、「革新的構造材料」の岸プログラム・ディレクター(PD)が外務大臣科学技術顧問に就任されたことを踏まえ、科学技術外交の推進という外交政策との連動を意図としています。そのため、在外公館の協力を得て、各都市におけるイベントの開催が実現できました。
第2回の今回は、第1回と同様にSIPの全体概要の説明、「革新的構造材料」紹介のほか、欧州各国の関心が高いと思われる「レジリエントな防災・減災機能の強化」、「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」、「自動走行システム」の計4課題について概要説明を行いました。

開催日程及び訪問先等

1.ウイーン訪問

日時:平成28年10月17日(月)

場所:在ウィーン国際機関日本政府代表部 24階大会議室

Seminar on the Japanese Science and Technology Policy toward Innovation -The Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program (SIP)- Overseas Outreach “Caravan” Series

国際機関職員や在ウィーン各国科学アタッシェを中心に約40名の出席がありました。ロシアとの連携、宇宙分野の連携、SIP「自動走行システム」における標準化、ベンチャー支援のあり方、などについて会場から質問がありました。

概要:


岸PD(外務大臣科学技術顧問)によるプレゼンテーションの様子


竹上参事官によるプレゼンテーションの様子  
 


日本政府代表部24階大会議室での会合の様子


2.パリ訪問

日時:平成28年10月19日(水)

場所:仏高等師範学校(Ecole Normale Supérieure)

討論会:「イノベーションの国 日本」
日仏イノベーション年関連事業の一環として、仏NPO法人「AVRIST」、在仏日本大使館、JSTパリ事務所、仏高等師範学校により開催した「イノベーションの国 日本」での出席機会をいただきました。ウィーンと同様、日本の科学技術政策の紹介、SIPの狙いや全体像、4課題の紹介を行いました。出席者は約140名で、学識経験者、外交官、研究機関、企業関係者を中心に参加をいただきました。
参加者の中には、日本の理解、親日派が多く、日本の政策への前向きな評価(基礎研究だけでなく社会実装も見据えた取り組み)も聞かれました。原子力政策との連携、エネルギー環境技術政策、などについて、会場から質問がありました。また、討論会全体を通じて、日仏間での共同研究の更なる発展や人材交流の促進の重要性について複数の言及がありました。

概要:


パリ(@仏高等師範学校)会場の様子


参加者の質問に答える岸PD(外務大臣科学技術顧問)


3.ロンドン訪問

日時:平成28年10月21日(金)

場所:在英国日本大使館 ボールルーム

在英大使館のボールルームで開催しました。英国の政府関係者やアカデミアだけでなく、在ロンドンの複数の外国公館の科学技術アタッシェや、科学技術外交政策を学ぶラフバラ大学の大学院学生等など幅広い層から参加していただきました。出席者は約75名(講演者除く)でした。
前半では、科学技術外交のあり方について、岸PDが外務大臣科学技術顧問の立場から登壇。グライムス英外務省科学技術顧問にも講演をいただき、科学技術外交に資する人材の育成や、英国のEU離脱の影響などについて、フロアとのディスカッションが行われました。 後半は、SIPプロジェクトの全体説明、各プロジェクト(計4課題)の紹介を行い、成果の社会実装、国際的な導入促進、人材育成に向けた取り組みについて、多く質問が寄せられました。

概要:


在英大使館 レセプションホールでの様子


参加者の質問に答える岸PD(外務大臣科学技術顧問)


竹上参事官によるプレゼンテーションの様子


津田上席政策調査員によるプレゼンテーションの様子


記念撮影:岸PD、鶴岡公二駐英大使、Robin Grimes教授、
Nabil Ayad教授、Charlotte Heyes政策官


4.出張者

  • 岸  輝雄  内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 プログラム・ディレクター 
    SIP「革新的構造材料」担当/外務大臣科学技術顧問(外務省参与)
  • 竹上 嗣郎  内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 参事官(戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)担当)
  • 津田 健一郎 内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 参事官(安全社会担当)付 上席政策調査員 SIP「レジリエントな防災・減災機能の強化」担当)
  • 有本 建男  国立大学法人 政策研究大学院大学 教授、科学技術イノベーション・プログラム・ディレクター/国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター 上席フェロー/SIP「自動走行システム」サブ・プログラム・ディレクター
  • 竹村 誠洋  国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)イノベーション拠点推進部 SIP参事役 SIP「革新的構造材料」担当
  • 石塚 敬之  国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) フェロー SIP「インフラ維持管理・管理・マネジメント技術」担当
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)