内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策

科学技術政策SCIENCE AND TECHNOLOGY POLICY

Society 5.0 科学技術イノベーションが拓く新たな社会 ページはこちら

科学技術は国力の根幹であり、未来を切り拓く鍵です。 総合科学技術・イノベーション会議における科学技術に関する総合的な戦略の策定など、イノベーション創造に向けた政策の推進に取り組んでいます。

新着情報

 
負ミューオンの新規生成法(MERIT)原理実証機

【平成29年12月12日】
高レベル放射性廃棄物低減・資源化の鍵、新たなミュー粒子生成法へ向け原理実証(JSTサイトへ)別ウインドウで開きます

ImPACT核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化(プログラム・マネージャー:藤田 玲子)の一環として半減期の長い核種を変換処理するために用いる負の電荷をもつミュー粒子(ミューオン)の生成方式を新たに考案し、その根幹を担うビーム加速の原理実証に成功しました。


瓦礫(土管)の下の要救助者をその声から発見している様子

【平成29年12月7日】
ドローンが耳を澄まして要救助者の位置を検出~災害発生時の迅速な救助につながる技術を開発~(JSTサイトへ)別ウインドウで開きます

ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所 諭)の一環として、ドローン自体の騒音や風などの雑音を抑え、要救助者の声などを検出して、迅速な人命救助を支援できるシステムを世界で初めて開発しました。

沖縄自動走行実証実験

【平成29年12月3日】
SIP自動走行システム「沖縄におけるバス自動運転実証実験 関係者試乗会 開始式」

松山内閣府特命担当大臣(科学技術政策)は、平成29年12月3日(日)に沖縄県で開催されたSIP自動走行システムの「沖縄におけるバス自動運転実証実験 関係者試乗会 開始式」に出席しました。


今回用いた素子構造の模式図(左)とFeIr超薄膜磁石の電子顕微鏡像(右)

【平成29年12月1日】
高効率な電圧スピン制御を実現する磁気メモリー用材料を開発 (JSTサイトへ)別ウインドウで開きます

ImPACT無充電で長期間使用できる究極のエコIT機器の実現(プログラム・マネージャー:佐橋 政司)の一環として、電圧制御型の磁気メモリー(電圧トルクMRAM))用の新材料を開発し、高効率な電圧スピン制御を実現しました。

埼玉大に設置中のMP-PAWR

【平成29年11月29日】
世界初の実用型「マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ(MP-PAWR)」を開発・設置~ゲリラ豪雨や竜巻を、格段の高精度・わずか30秒・3次元構造で観測~(NICTサイトへ)別ウインドウで開きます

SIP「レジリエントな防災・減災機能の強化」の施策として、NICTをはじめとする研究グループが開発した世界初の実用型「マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ(MP-PAWR)」を埼玉大学に設置しました。本レーダは、発達する積乱雲を観測し、20~30分先の局地的大雨や竜巻危険度を高精度に予測することが可能であり、東京オリンピック・パラリンピックでの効率的な競技運営、自治体での水防活動や住民への避難指示などへの活用も目指しています。

量子ニューラルネットワークの概念図

【平成29年11月20日】
量子ニューラルネットワークをクラウドで体験 (JSTサイトへ)別ウインドウで開きます

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の山本 喜久プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、光の量子的な性質を用いた新しい計算機「量子ニューラルネットワーク(QNN)」をクラウド上で体験できるシステムを開発、2017年11月27日より公開しました。

サイエンス&イノベーションフォーラム in Fukuoka

【平成29年11月17日】
「サイエンス&イノベーションフォーラム in Fukuoka」の開催

サイエンス&イノベーション・インテグレーション協議会(S&II協議会)を運営する内閣府は福岡市、理化学研究所、九州大学、九州先端科学技術研究所と共同で、12月15日(金)に、「サイエンス&イノベーションフォーラム in Fukuoka」を開催します。

【平成29年11月15日】
「SIP次世代海洋資源調査技術シンポジウム2017の開催
(JAMSTECサイトへ)別ウインドウで開きます

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)次世代海洋資源調査技術(海のジパング計画)は、12月18日(月)大崎ブライトコアホールにてシンポジウムを開催します。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)