内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術・イノベーション

科学技術・イノベーション

統合イノベーション戦略

【6月15日閣議決定】統合イノベーション戦略

我が国はこれまで、世界有数の科学技術力、そして国民の教育水準の高さによって高度成長を成し遂げてきましたが、近年は長引くデフレや円高により経済状況が弱化していました。科学技術イノベーションは経済再生の原動力であり、科学技術イノベーション政策を強力に推進し、諸外国における政策動向の変化などの環境変化も生じつつある中で、我が国を「世界で最もイノベーションに適した国」としていくことが、今、最も必要とされています。

会議開催案内

2018年6月20日
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム推進委員会(第1回)の開催について(6月22日開催)
2018年6月19日
第109回生命倫理専門調査会及び第8回「ヒト胚の取扱い関する基本的考え方」見直し等に係るタスク・フォースの合同開催について(6月25日開催)
2018年6月18日
第2期 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」推進委員会(第1回)の開催について(6月26日開催)
2018年6月18日
人工知能技術戦略会議(第7回)開催について(6月26日開催)
2018年6月13日
第5回 国際的動向を踏まえたオープンサイエンスの推進に関する検討会の開催について(6月20日開催)
2018年6月6日
総合科学技術・イノベーション会議評価専門調査会(第126回)の開催について(6月21日開催)

一般傍聴、報道関係傍聴は、各開催案内の説明に従ってお申し込み下さい。

新着情報

 


【平成30年6月15日】
統合イノベーション戦略が閣議決定について

我が国において、科学技術イノベーションは成長戦略の重要な柱と位置付けられており、総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が司令塔となり、統合イノベーション戦略を策定し、施策の重点化等を着実に実行していきます。





【平成30年6月15日】
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期11課題の研究開発計画案に関する意見募集について(サイバー、フィジカル、セキュリティ、自動運転、材料開発、バイオ・農業)(PDF形式:25KB)別ウインドウで開きます

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期12課題のうち光・量子分野を除く11課題の研究開発計画案について、国民の皆様から広く御意見を募集いたします。詳しくは上記リンクからPDFをご参照ください。



【平成30年6月14日】
刃物のようにとがった物体でもつかめる柔軟ロボットハンドを開発(JSTサイト)別ウインドウで開きます

ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所 諭)の一環として、東北大学の多田隈 建二郎 准教授、田所 諭 教授、昆陽 雅司 准教授、藤田 政宏 博士後期課程学生らのグループは、とがった物体、複雑形状物や脆弱物体など、多様な物体をつかめるロボットハンドを新規に開発しました。





【平成30年6月6日】
1細胞RNA分画解読法の開発に成功 ~細胞生物学の研究を加速~(JSTサイト)別ウインドウで開きます

理化学研究所 開拓研究本部 新宅マイクロ流体工学理研白眉研究チームらの共同研究グループは、1つの細胞から核RNAと細胞質RNAを分画して、それぞれの遺伝子発現を解析できるマイクロ流体技術を基盤とする「1細胞RNA分画解読法(SINC-seq法)」を開発しました。本成果は、ImPACT「セレンディピティの計画的創出による新価値創造」に参画する新宅チームによるもので、膨大な細胞集団から分取した目的の細胞一つ一つを、より詳細に解析するための技術を開発しています。





【平成30年6月1日】
SIP第2期「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」のプログラムディレクター(PD)の決定について

5月31日に行われた第82回戦略的イノベーション創造プログラムガバニングボードにおいて、下記のとおりSIP第2期「光・量子を活用したSociety5.0実現化技術」のプログラムディレクター(PD)を決定したのでお知らせいたします。





【平成30年5月30日】
空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」を開発(世界初)~ホースが浮上、建物に突入して、火元を直接消火~(JSTサイト)別ウインドウで開きます

ImPACTの田所 諭プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、昆陽 雅司 准教授、多田隈 建二郎 准教授、安部 祐一 助教、安藤 久人(福島県ハイテクプラザ 主任研究員)、八戸工業高等専門学校の圓山 重直 校長、国際レスキューシステム研究機構らのグループは、火元を直接消火できる空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」のプロトタイプの開発に、世界で初めて成功。





【平成30年5月30日】
異なる組織間でサイバーセキュリティ情報を共有できる基盤を開発(NEDOサイト)別ウインドウで開きます

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」において、(株)日立製作所は(株)日立システムズと連携し、重要インフラ事業者が他の企業や組織との間でサイバーセキュリティに関する脅威情報や対策方法を共有するための情報共有基盤を開発しました。





【平成30年5月29日】
クモ糸が形成される初期機構を解明~強い糸を作るためには分子レベルの準備が必要~(JSTサイト)別ウインドウで開きます

ImPACTの鈴木 隆領プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、クモの糸が形成される際、クモ糸の主成分であるシルクタンパク質が局所的に「ポリプロリンIIヘリックス構造」を形成することで、シルクタンパク質の一部がクモ糸形成に必要なベータシート構造)に転移することを発見しました。




【平成30年5月29日】
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)プレス向け勉強会

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、国民生活と日本の経済・産業力にとって重要な課題を基礎研究から実用化・事業化まで、まさに出口を見据え、一気通貫で研究開発を推進することを通じて科学技術・イノベーションとSociety 5.0の実現を目指しています。今年度が最終年度となるSIP第1期の11課題を対象とした記者勉強会を4月から開催しています。配付資料は原則公開しております。




【平成30年5月9日】
進路で人生どう変わる?理系で広がる私の未来 2018(JSTサイト)別ウインドウで開きます

「理系で広がる私の未来」は、理系選択のその先にどんな未来があるのか、女子中高生とその保護者・教員の皆さんに「理系選択の未来」を知っていただくイベントです。研究者や大手企業の理工系女子にご登壇いただき、多様で豊かな理工系女子の実態をご紹介いただくほか、企業や教育機関、研究機関のブース出展もあり、資料配布やイベント案内、リケジョの先輩との交流等も予定しています。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)