内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 産学官連携  > 産学官連携功労者表彰対象者募集のお知らせ

平成29年度 第15回産学官連携功労者表彰 募集のお知らせ

「第5期科学技術基本計画」(平成28年1月閣議決定)では、オープンイノベーションを本格的に推進するための仕組み強化の観点から、産学官連携活動を活性化させる必要性が改めて強調されています。また、地域イノベーションに係るリソースの制約の中において、地方創生を推進する上での産学官連携の重要性もさらに増している状況にあります。以上を踏まえ、産学官連携において顕著な功績又は功労があり、オープンイノベーションの更なる活性化や地方創生等に資する優れた事例を称えるとともに、その取組を広く発信・普及させるため、以下の要領で産学官連携功労者候補を募集します。

1 表彰の目的

企業、大学、公的研究機関等における科学技術イノベーションに係る産学官連携活動において大きな成果を収め、オープンイノベーションの観点から先導的な取組みを行う等当該活動の推進に多大な貢献をした産学官連携の優れた成功事例に関して、その功績を称えることにより、我が国の産学官連携活動の更なる進展に寄与することを目的とします。

2 表彰の対象

表彰は、次の各号の一の分野において、極めて顕著な又は、特に顕著な功績があったと認められる個人又は団体に対して行います。

  • (1)企業等と大学等との共同研究・受託研究等による成果の事例
  • (2)大学等の研究成果である特許・ノウハウの企業等へ技術移転を行い製品化した成果の事例
  • (3)大学等の研究開発成果を活用したベンチャー創出等の成果の事例
  • (4)地域における産学官連携による成果の事例
  • (5)その他産学官連携による優れた成果の事例

 過去の受賞事例については、産学官連携ホームページをご覧ください。

3 表彰の種類等

上記の表彰対象について、以下の賞を表彰します。各賞ともに表彰状と記念品を授与します。受賞者は1件につき、原則として個人又は団体3者までとします。平成29年度は科学技術政策担当大臣賞(地方創生賞)を新設し、科学技術イノベーションによる地方創生の事例についても積極的に表彰します。

  • (1)内閣総理大臣賞
       極めて顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (2)科学技術政策担当大臣賞
       特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (3)科学技術政策担当大臣賞(地方創生賞)
       特に地方創生の観点から顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (4)総務大臣賞
       情報通信技術、消防防災技術、地域の振興等の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (5)文部科学大臣賞
       科学技術・学術の振興の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (6)厚生労働大臣賞
       医薬品・医療機器等関連産業の振興の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (7)農林水産大臣賞
       農林水産業及び関連産業の振興の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (8)経済産業大臣賞
       鉱工業の科学技術の振興の観点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (9)国土交通大臣賞
       国土交通分野における科学技術の振興の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (10)環境大臣賞
       地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及びその他の環境の保全の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (11)日本経済団体連合会会長賞
       産業界の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者
  • (12)日本学術会議会長賞
       学術の視点から特に顕著な功績又は功労があったと認められる者

※上記の賞以外に、オープンイノベーションの推進や産学官の効果的な連携強化等の先導的事例としての視点から顕著な功績又は功労があったと認められる者に選考委員会特別賞を授与することがあります。

4 募集方法

自薦他薦を問わない公募方式です。

5 必要な資格

  • (1)候補者については、国籍を問いません。
  • (2)禁固刑以上の刑歴を有する方は受賞対象から除外します。
  • (3)故人は対象としません。

6 募集期間

平成29年2月1日~3月1日 17時

7 応募の手順

Step1

募集開始以降、内閣府意見登録システム(https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0243.html)より応募書類を請求してください。

Step2

表彰事務局より募集要項と応募書類様式を電子メールにより送付します。
※送付にはお時間を頂く場合があります。ご了承ください。

Step3

応募書類(様式1と2)にご記入の上、電子メールでお送りください。なお、郵便での受付は行っておりません。

注)応募にあたっては募集要項を十分にお読み頂き、留意点などをご確認頂いてから応募してください。
なお、応募書類に不備があった場合、選考から除外されることがあります。書類送付は、時間に余裕を持ってご対応ください。

8 日程(予定)

  • 募集締切 3月1日 17時必着
  • 選考   4月~7月
  • 決定   8月
  • 表彰式  9月1日

9 プライバシーポリシー

お送りいただいた個人情報は内閣府ホームページ個人情報保護方針に沿って取り扱いをいたします。

10 問い合わせ

内閣府意見登録システム(https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0243.html)よりお問い合わせください。

※審査過程に関するお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。
*返信にはお時間を頂く場合があります。ご了承ください。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)