内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 産学官連携  > 第14回(平成28年度)産学官連携功労者表彰対象者を募集します

第14回(平成28年度)産学官連携功労者表彰対象者を募集します

 産学官連携功労者表彰は、平成15年度の開始以降、今年度実施分を含め13回を数え、表彰事例は累計182件に上っております。
 平成28年1月に閣議決定された第5期科学技術基本計画において、オープンイノベーションを本格的に推進するための仕組み強化の観点から、産学官連携活動を活性化させる必要性が改めて強調されております。また、地域イノベーションに係るリソースの制約下、地方創生を推進する上での産学官連携の重要性もまた増している状況にあります。
 以上を踏まえ、来年度の産学官連携功労者表彰事業について、産学官連携の重要性を改めて広報し実効性の更なる向上を図る観点から、広く候補者を募集することとなりました。
 つきましては、下記の要領で産学官連携功労者表彰候補者を募集します。

1 表彰の目的

企業や大学等(公的研究機関を含む。以下同じ。)が連携した科学技術イノベーション活動において大きな成果を収め、オープンイノベーションの観点から先導的な取組を行う等当該活動の推進に多大な貢献をした事例に関し、その功績を称えることにより、我が国の産学官連携活動の更なる進展に寄与することを目的とします。

2 表彰の対象

表彰は、次の各号の一の分野において、オープンイノベーションを推進するための仕組み強化の観点から極めて顕著な又は、特に顕著な功績があったと認められる個人又は団体に対して行う(自薦・他薦を問わない)。

  • (1)企業と大学等との共同研究・受託研究等による成果の事例
  • (2)企業や大学等の研究成果である特許・ノウハウを第三者へ技術移転を行い製品化した成果の事例
  • (3)大学等の研究開発成果を活用したベンチャー創出等の成果の事例
  • (4)地域活性化に資する産学官連携による成果の事例
  • (5)その他産学官連携による優れた成果の事例(例えば、金融機関等の目利き役やつなぎ役が重要な役割を果たした事例)

3 募集期間

平成28年2月18日~3月17日17時

4 応募方法

Step1

内閣府意見登録システム(https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0169.html)より問い合わせください。

Step2

担当者より申請書類(マイクロソフトパワーポイント2013形式、同エクセル2013形式)を送付します。
参考のため以下にPDFファイルを示します。

※送付にはお時間を頂く場合があります。ご了承ください。

Step3

申請書類にご記入の上、担当者までメールでお送りください。

5 日程(予定)

  • 募集締切 3月17日
  • 選考   5月~7月
  • 決定   7月
  • 表彰式  8月下旬

6 プライバシーポリシー

お送りいただいた個人情報は内閣府ホームページ個人情報保護方針に沿って取り扱いをいたします。

7 問い合わせ

内閣府意見登録システム(https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0169.html)より問い合わせください。

*審査過程に関するお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。
*返信にはお時間を頂く場合があります。ご了承ください。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)