内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 最先端研究開発支援プログラム > 最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム)について

最先端研究開発支援プログラム(FIRST)について

新たな知を創造する基礎研究から出口を見据えた研究開発まで、さまざまな分野及びステージを対象とした、3~5年で世界のトップを目指した先端的研究を推進することにより、産業、安全保障等の分野における我が国の中長期的な国際的競争力、底力の強化を図るとともに、研究開発成果の国民及び社会への確かな還元を図ることを目的とした、「研究者最優先」の研究支援制度として「最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム※)」が創設されました。
※Funding Program for World-Leading Innovative R&D on Science and Technology

 FIRSTプログラムは、第84回総合科学技術会議(2009年9月4日)において、30課題を最先端研究開発支援プログラムの中心研究者及び研究課題(PDF)別ウインドウで開きますとして決定されました。その後、平成21年度第1次補正予算の執行の見直しにより、FIRSTプログラムに係る予算額は1500億円に減額され(2009年10月16日閣議決定)、そのうち1000億円を先に決定した30課題に配分することとされました。

 これに伴い、2009年12月3日の総合科学技術会議において、本プログラムの運用(PDF)別ウインドウで開きますが決定。 2011年7月29日に改訂(PDF)別ウインドウで開きます。本決定を受けて、内閣府科学技術政策担当政務三役及び総合科学技術会議有識者議員により30の研究課題に係る具体的な運用(PDF)別ウインドウで開きますが決定され、研究規模等に関する精査が行われました。

 これらの検討結果を踏まえ、第89回総合科学技術会議(2010年3月9日)において、最先端研究開発支援プログラムの中心研究者、研究課題、研究支援担当機関及び研究計画(PDF)別ウインドウで開きますが決定されました。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)