内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 最先端研究開発支援プログラム > 最先端・次世代研究開発支援プログラムの中間評価について > 中間評価対象研究課題一覧【ライフ・イノベーション】(html版)

中間評価対象研究課題一覧【ライフ・イノベーション】(html版)

課題番号 補助事業者氏名 研究課題名
※中間評価結果(PDFファイル)にリンク
LR001 秋田 英万 多段階的な細胞内・核内動態精密制御機能を搭載した多重コーティング型ナノ粒子の創製(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR002 平田 拓 キラリティー磁気共鳴分子イメージング(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR003 近野 敦 力覚触覚提示装置を用いた脳外科手術シミュレータの開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR004 昆陽 雅司 皮膚感覚の拡張と転送を利用した運動機能サポートに関する研究(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR005 珠玖 仁 1細胞分析法が拓く受精卵および幹細胞の新規品質評価システムの開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR006 田中 真美 触覚・触感に基づくQOLテクノロジーの創出に関する研究(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR007 玉田 薫 プラズモニック結晶ナノアンテナ構造による革新的ナノバイオ計測(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR009 井上 将行 イオンチャネル作用分子・機能分子の全合成と新機能開拓(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR010 古川 克子 テーラーメイド再生軟骨実現化のための基盤技術開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR011 村上 裕 特殊ペプチド増幅法の開発と創薬への応用(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR012 山下 真司 超高速・超広帯域光ファイバ光源を用いたリアルタイム光断層計測とその医用応用(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR013 山本 晃生 サーフェスアクチュエーションに基づく触力覚インタラクション技術の開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR014 桝田 晃司 生体内での4次元超音波音場形成による治療用マイクロバブルの局所的動態制御システムの開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR015 細田 秀樹 3大成人病の革新的血管治療を実現する安全・高X線造影性・磁場駆動形状可変材料の発展(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR016 大河内 美奈 ペプチドアレイを用いたアレルギー疾患病態モニタリングシステムの開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR017 安達 泰治 生体システムの構造・機能適応ダイナミクスの力学的理解(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR018 上杉 志成 合成小分子化合物による細胞の操作と分析(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR019 上野 隆史 バイオ固体材料の生体ガス分子応答による細胞機能制御(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR020 山田 真澄 東南海・南海地震に対応した正確な地震情報を提供する実用的早期警報システムの構築(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR021 荻 博次 診断・創薬イノベーションを実現する超高感度振動子バイオセンサーの創成(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR022 舘野 高 聴覚中枢神経マイクロ・インプラントにおけるシステム・インテグレーションの基盤形成(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR024 藤田 克昌 生体機能可視化のための超解像分子イメージング技術の開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR025 藤本 ゆかり 免疫機構を制御する微生物由来化合物の化学合成と機能解析および新規制御分子の創製(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR026 松崎 典弥 1細胞レベルで3次元構造を制御した革新的ヒト正常・疾患組織モデルの創製(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR027 向川 康博 コンピュテーショナルフォトグラフィによる安全な人体内部3次元構造の可視化(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR028 山東 信介 スーパー分子プローブを用いた次世代生体分子イメージング(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR029 大島 達也 超分子性ペプチド複合体の自発的形成による生理活性物質の水溶化とバイオアベイラビリティの強化(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR030 川崎 洋 人体の内外表面形状すべてをリアルタイム計測するシステム~表情筋の動き計測から腸内壁の形状取得まで~(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR031 久本 秀明 診断・創薬・生命科学研究を変革する簡便・安価な1ステップ異種マルチ分析デバイス(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR032 仁科 エミ ハイパーソニック・エフェクトを応用した健康・快適なメディア情報環境の構築(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR033 西坂 崇之 医療への応用を目指した高解像3次元ナノマニピュレーション技術の開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR034 岩田 浩康 低侵襲な知覚・運動支援により脳神経系の再構築を促す心身覚醒RT(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR035 福田 祐仁 革新的レーザー駆動イオン加速手法の開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR036 岡本 晃充 遺伝子由来疾患に係る細胞内核酸動態の可視化に資する高性能化学プローブと次世代解析(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR037 中川 誠司 骨導超音波知覚の解明に基づく最重度難聴者用の新型補聴器の開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR038 中村 史 ナノニードルアレイを用いた革新的細胞分離解析技術の開発(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LR039 小杉 尚子 情報通信技術を用いた音楽療法(大量の施術情報による効果評価と音楽療法データ・マイニング)(PDF:1,931KB)別ウインドウで開きます
LS001 藤田 恭之 正常上皮細胞と癌細胞の相互作用-新規な癌治療法の開発を目指して-(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS002 嘉糠 洋陸 病原体媒介節足動物におけるトレランス機構の解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS003 西川 義文 難治性原虫感染症に対する新規ワクチン技術の開発研究(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS004 青木 洋子 RAS/MAPKシグナル伝達異常症の原因・病態の解明とその治療戦略(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS005 大槻 純男 タンパク質絶対発現量プロファイルを基盤とする次世代がん診断技術の創出(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS006 杉本 亜砂子 胚発生過程における細胞の極性と形態の時空間的制御メカニズム(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS007 田村 宏治 形態再生幹細胞創出のための分子基盤(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS008 徳山 英利 究極のステップエコノミー実現のための医薬合成プロセスの革新的イノベーション(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS009 中山 啓子 がん遺伝子産物RASによる広範な染色体領域にわたる転写抑制機構の解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS010 福本 敏 かたちに関わる疾患解明を目指した歯の形態形成メカニズムの理解とその制御法開発(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS011 矢野 環 自然免疫におけるオートファジー誘導と組織恒常性維持の分子機構解析(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS012 山下 まり 食中毒に関わる海洋天然物の生合成・蓄積・変換機構の解明と食品衛生への応用(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS013 渡邊 直樹 アクチン重合装置の蛍光単分子イメージングによる機械受容細胞シグナルの可視化解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS014 今井 由美子 宿主脂溶性シグナル伝達システムからみたウイルス病原性発現機構の解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS015 久場 敬司 マウス心臓の機能的な遺伝子ネットワークの統括的理解のための基盤創成(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS016 佐々木 雄彦 病態関連膜脂質代謝の最先端研究-医薬応用への戦略的展開-(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS017 田中 賢 生体親和性を有する医療用材料設計技術の基盤構築(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS018 村山 明子 細胞とからだを結ぶエネルギー制御システムの研究と疾患治療への応用(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS019 北川 浩史 慢性炎症性疾患の運命決定を担う未知核内エピゲノム制御メカニズムの探索(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS020 佐藤 健 異常膜タンパク質の小胞体局在化疾患の分子基盤の解明と創薬に向けた研究開発(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS021 平井 宏和 血球系細胞と神経細胞の融合を応用した小脳再生技術の開発(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS022 森 恵美 日本の高年初産婦に特化した子育て支援ガイドラインの開発(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS023 池谷 裕二 革新的技術を用いて脳疾患を理解する「システム薬理学」の創成(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS024 梅崎 昌裕 パプアニューギニア高地人がサツマイモを食べて筋肉質になるのはなぜか(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS026 川口 寧 新しい抗ウイルス戦略構築をめざしたヘルペスウイルス感染機構の解析(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LR027 吉川 雅英 新しいイメージング手法による鞭毛の分子機構(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS028 葛山 智久 生合成工学を駆使した抗インフルエンザウィルス活性物質と抗結核菌活性物質の生産(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS029 小柴 和子 心循環器系の由来と多様性をもたらす分子メカニズム(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS030 坂井 克之 ヒト脳シナプス機能計測技術の開発による認知制御メカニズムの解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS031 末次 志郎 細胞膜メゾスケール構造構築とがん形成機構(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS032 高橋 倫子 先端的光技術によるインスリン開口放出機構の可視化と制御(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS033 西村 智 新規光生体イメージングによる慢性炎症を基盤とする生活習慣病病態の解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS034 野崎 大地 身体運動適応性の原理理解に基づいた運動スキル・調節能の評価法と訓練方略の開発(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS036 松沢 厚 シグナルの新たな作動原理とその異常による炎症・自己免疫疾患発症メカニズムの解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS037 三坂 巧 味物質受容の相乗・相殺効果を利用した食品デザインの新展開(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS038 南 敬 血管内皮エピゲノム転写調節機構解明に基づくダウン症・抗がん治療へのアプローチ(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS040 山内 敏正 アディポネクチンの運動模倣効果のメカニズム解明による画期的糖尿病治療薬の開発(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS042 西村 栄美 組織幹細胞に着目した毛包の組織老化メカニズムの解明(PDF:1,917KB)別ウインドウで開きます
LS043 水島 昇 オートファジーの分子機構と生理機能に関する分野横断型研究(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS045 村上 聡 多剤耐性化の克服を目指した薬剤排出トランスポーターの構造機能解析(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS046 杉山 清佳 経験が脳の発達を促すメカニズム(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS047 新田 淳美 精神・神経疾患に関連する新規機能分子の生理機能解明と臨床応用への探求(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS048 桜井 武 覚醒制御システムのコネクトミクス:睡眠・覚醒制御系の全解明(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS049 高橋 智聡 がん幹細胞を標的とする薬剤を探索するための革新的インビトロがん幹細胞モデル系の開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS050 仲 一仁 抗がん剤抵抗性がん幹細胞をターゲットとする革新的がん治療戦略(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS051 村松 正道 遺伝子改編酵素群AID/APOBECがつくるB型肝炎慢性化と発癌の機序(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS052 井上 克枝 新規血小板上受容体CLEC-2を標的とした抗血小板薬、抗転移・腫瘍薬、検査の開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS053 新藤 隆行 新しい血管統合機構に基づく、慢性臓器障害治療薬の開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS054 五島 剛太 細胞分裂装置が働く仕組みの研究(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS055 吉村 崇 哺乳類の網膜外光受容機構の解明(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS056 市原 佐保子 環境ストレスによる心血管系障害に対する予防システムの確立(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS057 岩永 史朗 マラリア原虫人工染色体を用いた革新的耐性遺伝子同定法の確立と応用(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS059 奥野 恭史 新薬創出を加速化するインシリコ創薬基盤の確立(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS060 小野 正博 アルツハイマー病の診断・治療に資する次世代分子イメージングプローブの開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS061 掛谷 秀昭 革新的分子標的薬創製を志向した真の“天然物創薬フロンティア研究(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS062 椛島 健治 全身免疫・アレルギーの制御機構としての皮膚の役割の解明(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS063 川口 義弥 成体肝・膵特異的幹細胞機能維持機構の解明とその破綻による疾患モデルの開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS064 見学 美根子 臨界期可塑性によるニューロン樹状突起形態変化と神経回路再編成の機構(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS065 篠原 美都 ホーミングにおける精子幹細胞の動態の分子的解析(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS066 立花 誠 哺乳類の性特異的なエピゲノム構造とその維持機構の解明(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS067 土居 雅夫 生体リズム学を基盤とする時間医薬イノベーション(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS068 朝長 啓造 低分子RNA治療を実現するための新規RNAウイルスベクタープラットフォームの創製(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS069 豊島 文子 細胞分裂軸の新たな制御機構の解析と皮膚の形成・恒常性維持における役割(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS070 中村 和弘 ストレス疾患克服に向けた情動-自律連関の脳神経回路メカニズムの解明(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS071 原田 浩 放射線治療抵抗性がん細胞の腫瘍内局在・動態の解明とイメージングプローブの開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS072 原田 慶恵 蛍光ダイアモンドナノ粒子を使った新規1分子イメージング法の開発と生体分子観察への応用(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS073 増田 智先 移植肝障害のバイオマーカー創製(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS074 松本 正幸 意欲を生み出す神経メカニズムの解明:前頭前野への中脳ドーパミン入力の役割(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS075 柳田 素子 慢性腎臓病の線維化、ホルモン分泌、再生を担う細胞群の同定とその制御法の開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS076 吉村 成弘 両親媒性ペプチドを用いた革新的細胞核内物質導入技術の開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS078 篠原 美紀 流産リスク管理に向けた配偶子異数体形成過程の基礎的研究(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS079 高島 成二 臓器特性を利用した心血管疾患治療標的の探索と臨床応用(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS080 西野 邦彦 薬剤排出ポンプによる細菌多剤耐性化・病原性発現制御機構の解明と新規治療法開発(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS081 橋本 均 精神疾患の成因に関わる遺伝子X環境相互作用ダイナミクスの解析系の構築(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS082 藤永 由佳子 ボツリヌス毒素複合体の体内侵入機構の解明と経粘膜ワクチンデリバリーとしての応用(PDF:2,090KB)別ウインドウで開きます
LS083 三木 裕明 細胞内Mg2+制御の分子実体解明とがん悪性化シグナル(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS084 古瀬 幹夫 上皮バリア機能を制御する細胞間接着の分子基盤の解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS085 香月 康宏 医薬品開発支援のための染色体工学技術によるヒト型薬物代謝モデル動物の作製(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS086 片野坂 友紀 メカニカルストレスを利用した生体の巧みな適応機構と破綻システムの解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS087 兼松 隆 エネルギー代謝機構や摂食調節機構に関わる新規分子の機能解明研究(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS088 丸山 博文 新規原因遺伝子Optineurinを中心とした筋萎縮性側索硬化症の発症機序の解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS089 明石 真 現代時間環境の検証基盤となる概日時計機構解析と時間医学技術開発(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS090 石丸 直澄 イメージング技術を用いた臓器特異的自己免疫疾患の病態解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS091 稲葉 謙次 タンパク質品質管理に関わるジスルフィド結合形成・開裂因子の分子基盤(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS092 束田 裕一 ゲノムリプログラミングにおけるクロマチン修飾制御機構の解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS093 津田 誠 ミクログリア転写因子IRF8を切り口にした慢性疼痛メカニズムの解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS094 三森 功士 癌の再発・転移に関与するnon-coding RNAの同定とその機序解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS095 山崎 晶 新たな結核菌受容体を介する生体防御機構の解明と宿主の免疫賦活に向けた新戦略(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS096 寺本 憲功 血管新生を誘導するsiRNAとナノ薬物送達法による革新的な低侵襲性治療法の創成(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS097 伊藤 公成 遺伝子改変マウスを用いた間葉系細胞の腫瘍化メカニズムの解明(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS098 尾池 雄一 生活習慣病とがんの共通分子病態解明による健康長寿社会実現を目指した基盤研究(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS099 粂 昭苑 ヒトiPS細胞から膵β細胞の分化誘導(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS100 富澤 一仁 次世代オミックス研究分野の創造:ヒトtRNA修飾の解析と2型糖尿病発症リスク(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS101 伊藤 隆 In vivo構造プロテオミクスの創生と展開(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS102 藤井 宣晴 筋収縮によって骨格筋から分泌される生理活性因子の探索と運動調節性筋内分泌の概念の確立(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS103 渡辺 賢二 ゲノムDNAの革新的発現法に基づく新規医薬品リードの網羅的獲得法の確立(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS104 澤本 和延 成体脳室下帯に内在する神経再生機構とその操作技術(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS105 島田 緑 再生医療・癌治療への細胞老化の分子機構の利用-エピジェネティクスからのアプローチ(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS106 工藤 與亮 水分子プローブと位相変動を利用した次世代非侵襲的脳血流代謝MRI検査法の開発(PDF:1,573KB)別ウインドウで開きます
LS107 高橋 将文 自然炎症による生活習慣病の分子基盤:インフラマソームを介したストレス誘導性炎症仮説の解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS108 新井 文用 細胞分裂制御(対称・非対称分裂)の操作による造血幹細胞増幅(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS109 齋藤 都暁 トランスポゾンと他の遺伝子を区別する仕組み-ゲノムにおける自己と非自己認識システム-(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS111 西山 千春 アレルギー疾患関連分子の発現制御機構とアレルギー治療・予防への応用(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS112 金児-石野 知子 哺乳類らしさを形作るメカニズム(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS113 田中 里佳 糖尿病性潰瘍に対するハイブリッド型生体外増幅血管内皮前駆細胞よる新しい血管再生治療の開発(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS114 並木 禎尚 次世代ナノ診断・治療を実現する「有機・無機ハイブリッド籠型粒子」の四次元精密操作(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS115 深見 希代子 リン脂質代謝を介した増殖・分化制御機構の解明:日本発創薬への基盤作り(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS116 大平 耕司 成体大脳新皮質に存在する新規神経前駆細胞(L1-INP細胞)の培養技術の確立と生理的機能の解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS117 小泉 範子 ヒト角膜内皮細胞の増殖を可能にする革新的基盤技術の開発と角膜再生医療への応用(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS118 高森 茂雄 シナプス伝達における伝達物質量制御メカニズムの包括的解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS119 上野 博夫 組織幹細胞の次世代イメージングを通した治療標的膜蛋白質の同定と新しいがん治療法の開発(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS120 中邨 智之 生体組織の伸縮性を生み出す仕組みの研究(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS121 石原 直忠 ミトコンドリア膜動態による生命機能制御の分子基盤理解(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS123 深田 正紀 シナプス伝達制御機構とその破綻によるシナプス疾患の病態機構の解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS124 石岡 典子 新規ペプチド探索法と分子イメージングの融合による革新的ペプチド創薬システムの構築(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS125 石川 文彦 急性骨髄性白血病の再発解明と幹細胞を標的とした治療確立へのトランスレーション(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS126 今本 尚子 ストレス応答時に機能する新規核-細胞質間輸送経路の解明によるシャペロン機能の発掘(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS127 CARNINCI Piero 細胞分化に関与するノンコーディングRNAの全ゲノム解析(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS129 田中 元雅 アミロイドの総合的理解によるその形成と伝播の制御(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS130 山下 敦子 味覚受容体による味認識機構の構造生物学的解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS131 増富 健吉 ヒトRDRC/RITS複合体の同定とその機能解析(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS132 小松 雅明 オートファジーの異常に伴う疾患の克服:健康社会実現へ向けて(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS133 原田 高幸 視機能障害を起こす神経変性疾患の発症機序解明と治療法に関する研究(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS134 反町 典子 シグナル伝達エンドソームから切り込む新規炎症制御機構の解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS135 富田 耕造 RNA合成酵素の反応制御分子基盤(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS136 廣瀬 哲郎 細胞内構造構築RNAの作用機序と存在意義の解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS137 吉村 由美子 大脳皮質の情報処理機能と神経回路の経験依存的な再編メカニズム(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS138 川原 敦雄 循環器システムを司る分子実体の解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LS139 大須 理英子 計算神経リハビリテーションの創出による脳可塑性解明とテーラーメードリハビリの提案(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ001 月浦 崇 ヒト記憶への加齢の効果に関する脳内機構の解明とその応用可能性(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ002 鈴木 佳苗 ネットいじめ研究の新展開-「行動する傍観者」を生み出すプログラム-(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ003 澤田 康幸 日本と世界における貧困リスク問題に関するエビデンスに基づいた先端的学際政策研究(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ004 村上 郁也 ノイズ効果低減と適応的キャリブレーションで明朗な視界を構築する視覚系の機能の解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ005 井上 智 看護卒後教育によるmid-level provider育成と医療提供イノベーション(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ006 日比野 由利 グローバル化による生殖技術の市場化と生殖ツーリズム:倫理的・法的・社会的問題(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ007 舩橋 惠子 次世代を産み育てる新しい社会システムの構想:フランスと日本の社会セクター調査(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ008 佐藤 弥 広汎性発達障害における対人相互作用障害の心理神経基盤の統合的解明(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ009 仙石 愼太郎 幹細胞科学技術の統合的イノベーション・マネジメント研究と人材育成・事業化支援(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
LZ010 高木 朋代 高齢・障害者の雇用と日本の新しい社会システム(PDF:1,837KB)別ウインドウで開きます
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)