内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 新着情報一覧 > 科学技術イノベーション・マッチング・フォーラム(サイエンスIMF)の立ち上げについて

科学技術イノベーション・マッチング・フォーラム (サイエンスIMF)の立ち上げについて

平成29年2月21日
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)

 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)の下に、「科学技術イノベーション・マッチング・フォーラム」(サイエンスIMF)を立ち上げることになりましたので、お知らせします。

1.趣旨・目的

 第5期科学技術基本計画の着実な実施を図る観点から、技術シーズとニーズのマッチングを推進し、オープンイノベーションの活性化、並びに研究開発型ベンチャー企業の創造・育成を加速することが重要であり、様々な分野のマッチング事業間での連携やシーズの橋渡し等、関係者間の交流が自律的、活発に行われる環境作りが必要になっています。そのため、内閣府特命担当大臣(科学技術政策)の下に、関係省庁や産業界等から構成される「科学技術イノベーション・マッチング・フォーラム」(サイエンスIMF)を近々立ち上げ、平成29年7月を目途に第1回総会を開催します。

2.今後の予定

年度内に関係省庁と検討を進め、活動の大まかな方向性を共有した上で、4月からは、第1回総会で提唱する具体的な内容等について、関係省庁及び産業界と検討に着手する予定です。

3.フォーラムの活動内容(案)

  1. 産官が実施する各種マッチング事業間の事業横断的な連携・交流を提唱
    各事業に携わる各種人材(プロジェクト・マネージメント、アクセラレーション、マッチング等)同士による、事業横断的なコミュニティ作りを提唱。
  2. 産業界によるマッチング事業の特色の可視化・俯瞰化の提唱
    特に外部ユーザ側から見えにくい、個々の事業の得意な技術領域や利用機関、期待できるメンタリング内容等の、明確化・可視化を呼びかける。
  3. 産業界からの政策提言、等

4.フォーラムの構成

 フォーラムは年次総会と、具体的な活動内容を検討する実行委員会から構成されます。技術シーズとニーズのマッチング事業を実施する産学官の関係機関等をフォーラムの会員とし、会員は今後募集する予定です(時期未定)。

5.添付資料

問合せ先

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)オープンイノベーション担当 :大澤、岡部、朝比奈
電話:03-6257-1329(直通)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)