内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  北方対策本部  >  組織・制度  >  北方対策担当大臣の動き

北方対策担当大臣の動き

北方領土視察

平成28年9月17日、18日、鶴保北方対策担当大臣は、就任後初めて根室市を訪問し、北方領土を視察しました。2日間にわたり、返還要求運動の関係団体や元島民の方々と懇談を行うとともに、北方館(根室市納沙布岬)等を視察しました。鶴保大臣は視察後、「近くて遠い四島の一日も早い返還を願う元島民の皆様の強い望郷の思いなどをお聞きすることで、改めて北方四島返還に向けた決意を強くいたしたところであります。今後とも、国内世論の啓発を強化することこそが解決の力になると信じ、北方担当大臣として、情報発信を強化して国民世論の喚起を図っていきたいと思います。」と述べました。


納沙布岬から北方領土を視察

「北方館」を視察

関係団体との意見交換

公益社団法人千島歯舞諸島居住者連盟(元島民団体)との意見交換

鶴保庸介北方対策担当大臣就任

平成28年8月3日、鶴保庸介内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)・北方対策本部長が就任しました。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)