内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  北方対策本部  >  組織・制度  >  北方対策担当大臣の動き

北方対策担当大臣の動き

北方領土隣接地域の魅力を発信するシンポジウム

6月18日、根室市の北海道立北方四島交流センター(ニ・ホ・ロ)にて「北方領土隣接地域の魅力を発信するシンポジウム」を開催しました。このシンポジウムでは、北方領土隣接地域の訪問客拡大が国民への北方領土問題の啓発に寄与する観点も踏まえ、地域の特性を生かした今後の方策について、北方領土隣接地域発見ツアー(ファムトリップ※)団長の大槻厚氏(㈱日本旅行取締役兼常務執行役員)による講演、鶴保大臣と大槻厚氏による対談、学識経験者、地元関係者等及び大槻氏によるパネルディスカッションが行われました。

※ファムトリップ:観光地などの誘客促進のため、旅行事業者を対象に現地視察をしてもらうツアー


鶴保大臣挨拶

鶴保大臣と大槻氏の対談(1)

鶴保大臣と大槻氏の対談(2)

大槻氏による講演

パネルディスカッションの様子

鶴保大臣の北方領土隣接地域視察

6月17日及び18日、鶴保北方対策担当大臣は北方領土隣接地域の1市4町(根室市、別海(べつかい)町、中標津(なかしべつ)町、標津(しべつ)町及び羅臼(らうす)町)に出張し、5月に実施した北方領土隣接地域発見ツアー(ファムトリップ※ )の訪問施設等を視察しました。

◯主な視察先
・根室市 根室市歴史と自然の資料館
・別海町 野付半島ネイチャーセンター、べつかい乳業興社
・標津町 標津サーモン科学館
・羅臼町 羅臼昆布倉庫、羅臼国後展望塔

※ ファムトリップ:観光地などの誘客促進のため、旅行事業者を対象に現地視察をしてもらうツアー

◯野付ネイチャーセンター(別海町)

職員による説明

ネイチャーセンターから望む国後島
◯標津サーモン科学館(標津町)

館内視察

チョウザメの指パク体験
※チョウザメの指パク体験はどなたでも体験できます
◯羅臼国後展望塔(羅臼町)

展望塔視察

(参考)晴れた日に望む景色
◯羅臼昆布倉庫(羅臼町)

昆布のヒレ刈り体験

地元漁師の方による説明(1)

地元漁師の方による説明(2)
◯第56回知床開き(羅臼町)

知床開きで挨拶する鶴保大臣

知床開き視察

知床開きの様子
※羅臼の海の安全祈願を祝う祭り。平成29年6月17日~18日に開催
◯えとぴりか船内

船内視察(1)

船内視察(2)

船内視察(3)
※「えとぴりか」は四島交流等で使用される船
◯歴史と自然の資料館(根室市)

館内視察(1)

館内視察(2)

樺太に設置された国境を示す標石
◯べつかい乳業興社(別海町)

施設内視察(1)

施設内視察(2)

平成29年度(第42回)都道府県推進委員全国会議

平成29年4月14日、都道府県推進委員全国会議(独立行政法人北方領土問題対策協会主催)が開催され、鶴保北方対策担当大臣が出席しました。鶴保大臣は、各都道府県における北方領土返還要求運動の推進役である全国の推進委員の日頃の活動に対して感謝の意を述べるとともに、推進委員との連携を密にし、外交交渉を後押しする国民世論の啓発に取り組んでいく旨、挨拶しました。


都道府県推進委員全国会議で挨拶を行う鶴保大臣(1)

都道府県推進委員全国会議で挨拶を行う鶴保大臣(2)

第31回「北方領土を考える」高校生弁論大会受賞者による表敬

平成29年3月23日(木)、安倍総理大臣と鶴保北方対策担当大臣は総理大臣官邸で、第31回「北方領土を考える」高校生弁論大会で最優秀賞及び優秀賞を受賞した高校生による表敬を受けました。

首相官邸別ウインドウで開きます

高校生弁論大会の概要((公社)北方領土復帰期成同盟


安倍総理、鶴保大臣との記念撮影

表敬の様子

北方領土返還要求全国大会

平成29年2月7日の「北方領土の日」に、北方領土返還要求運動連絡協議会、地方六団体、内閣府で構成する実行委員会の主催により、国立劇場大劇場において「平成29年北方領土返還要求全国大会」が開催され、安倍内閣総理大臣、鶴保北方対策担当大臣、岸田外務大臣が出席しました。 鶴保大臣は、「北方領土返還実現に向けて様々な分野で活動されている皆様のお気持ち、とりわけ元島民の皆様の過ぎた歳月に対する無念さや、その思いを受け継ぐ若い世代の力強い意志を受け止め、北方領土問題解決に向けて断固たる決意と強い意志をもって、取り組んでいく」と述べられました。


北方領土返還要求全国大会で挨拶を行う鶴保大臣(1)

北方領土返還要求全国大会で挨拶を行う鶴保大臣(2)

創立35周年記念・第36回北方領土返還要求和歌山県民大会

平成29年2月4日、創立35周年記念・第36回北方領土返還要求和歌山県民大会に鶴保北方対策担当大臣が出席しました。 鶴保大臣は「私の地元の和歌山において、このように返還要求運動の盛り上がりを肌で感じることができて、北方対策担当大臣として心強いかぎりです。地元、和歌山の盛り上がりが、これからの北方領土返還に向けた私の力となります」と述べられました。


創立35周年記念・第36回北方領土返還要求和歌山県民大会で挨拶を行う鶴保大臣(1)

創立35周年記念・第36回北方領土返還要求和歌山県民大会で挨拶を行う鶴保大臣(2)

北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会による表敬

平成28年12月1日北方領土隣接地域一市四町(根室市(ねむろし)、別海町(べっかいちょう)、中標津町(なかしべつちょう)、標津町(しべつちょう)及び羅臼町(らうすちょう)の各首長・議長が、安倍内閣総理大臣や鶴保北方対策担当大臣を表敬訪問し、北方領土問題の早期解決についての要請を行いました。

北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会による表敬(首相官邸HP)別ウインドウで開きます


表敬の様子

要請の様子

総理からの挨拶

北方領土返還要求中央アピール行動(アピール行進)

平成28年12月1日、鶴保北方対策担当大臣は、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(北隣協)が主催する「北方領土返還要求中央アピール行動」に参加しました。
鶴保大臣は日比谷公園大音楽堂で行われた出発式の挨拶で「外交交渉を前進させていくためには政府・国民が一丸となって問題解決に向けた取組を進めることが重要です。『今度こそは』という思いを感じている国民の皆さんと一緒にわれわれの思いを世界に発信していこう」と決意を伝えました。
また出発式の後、鶴保大臣は京橋プラザ区民会館までの2.2kmを行進する約500名の参加者を激励しました。

※昭和20年12月1日に当時の安藤石典(あんどういしすけ)根室町長が、連合国最高司令官マッカーサー元帥に対し、北方領土の返還を求める陳情書を取りまとめました。この行動が北方領土返還要求運動の始まりとされています。


挨拶を行う鶴保大臣

行進する参加者を激励する鶴保大臣

北方領土返還促進に関する政府要請

平成28年10月31日、高橋はるみ北海道知事をはじめとする、返還要求運動関係者の代表が総理官邸を訪問し、安倍内閣総理大臣、鶴保北方対策担当大臣等に対して北方領土問題解決促進の要請を行いました。

北方領土返還促進に関する政府要請(首相官邸HP)別ウインドウで開きます


要望書の手交
(写真は首相官邸ホームページより)

懇談の様子

集合写真

(政府側出席者)
安倍 晋三 内閣総理大臣
鶴保 庸介 北方対策担当大臣
岸   信夫 外務副大臣
田中 良生 国土交通副大臣
(要請団の構成)
高橋 はるみ 北海道知事(北方領土返還要求北海道・東北国民大会大会長)
野川 政文 北方領土返還要求運動都道府県民会議全国会議会長
照屋 仁士 北方領土返還要求運動連絡協議会議長
脇   紀美夫 公益社団法人千島歯舞諸島居住者連盟理事長(元島民)
堀   達也 公益社団法人北方領土復帰期成同盟会長
石垣 雅敏 根室市副市長
大木 哲也 北方領土返還要求運動連絡協議会副議長代理
児玉 泰子 北方領土返還要求運動連絡協議会事務局長(元島民)
荒川 研 独立行政法人北方領土問題対策協会理事長

第20回北方領土返還要求運動推進功労者等表彰式察

平成28年10月25日、鶴保北方対策担当大臣は、北方領土返還要求運動の推進に顕著な功績のあった方を表彰する「第20回北方領土返還要求運動推進功労者等表彰式」において、受賞者に表彰状と副賞を授与しました。
鶴保大臣は受賞者お一人お一人の御意見に耳を傾け、北方領土問題の解決に向け、決意を伝えました。

第20回北方領土返還要求運動推進功労者等大臣表彰受賞者(PDF形式:265KB)別ウィンドウで開きます


表彰状の授与

副賞の授与

懇談の様子

集合写真

北方領土視察

平成28年9月17日、18日、鶴保北方対策担当大臣は、就任後初めて根室市を訪問し、北方領土を視察しました。2日間にわたり、返還要求運動の関係団体や元島民の方々と懇談を行うとともに、北方館(根室市納沙布岬)等を視察しました。鶴保大臣は視察後、「近くて遠い四島の一日も早い返還を願う元島民の皆様の強い望郷の思いなどをお聞きすることで、改めて北方四島返還に向けた決意を強くいたしたところであります。今後とも、国内世論の啓発を強化することこそが解決の力になると信じ、北方担当大臣として、情報発信を強化して国民世論の喚起を図っていきたいと思います。」と述べました。


納沙布岬から北方領土を視察

「北方館」を視察

関係団体との意見交換

公益社団法人千島歯舞諸島居住者連盟(元島民団体)との意見交換

鶴保庸介北方対策担当大臣就任

平成28年8月3日、鶴保庸介内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)・北方対策本部長が就任しました。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)