第1章 高齢化の状況 

(2)高齢者の就業

 高齢者の就業状況についてみると、男性の場合、就業者の割合は、55〜59歳で90.1%、60〜64歳で68.8%、65〜69歳で49.5%となっている。また、不就業者であっても、60〜64歳の不就業者(31.2%)のうち5割以上の者が、65〜69歳の不就業者(50.5%)のうち4割以上の者が、それぞれ就業を希望している。
 女性の就業者の割合は、55〜59歳で62.2%、60〜64歳で42.3%、65〜69歳で28.5%となっている。また、不就業者であっても、55〜59歳の不就業者(37.8%)及び60〜64歳の不就業者(57.7%)のうち3割以上の者が、65〜69歳の不就業者(71.5%)のうち2割以上の者が、それぞれ就業を希望している(図1−2−24)。

図1−2−24 高齢者の就業・不就業状況
図1-2-24 高齢者の就業・不就業状況

 高齢不就業者が就業を希望する理由をみると、男性は55歳〜59歳で「失業している」の割合が61.7%と高いが、年齢階級が上がるにつれて大幅に減少し、「健康を維持したい」、「知識や技能を生かしたい」の割合が増加している。女性は、男性と同様、年齢階級が上がるにつれて「失業している」の割合が減少し、「健康を維持したい」の割合が増加しているほか、「収入を得る必要が生じた」、「時間に余裕ができた」の割合がすべての年齢階級において男性よりも高くなっている(表1−2−25)。

表1-2-25  高齢就業希望者の就業希望理由別割合
(%)
  失業している 収入を得る必要が生じた 知識や技能を生かしたい 社会に出たい 時間に余裕ができた 健康を維持したい 学校を卒業した その他
総数 22.7 13.3 12.9 4.5 7.5 26.1
0.0
12.7
  55〜59歳 61.7 12.1 6.0 3.7 1.3 5.4
9.6
  60〜64歳 24.9 14.0 13.1 5.2 9.0 21.6
0.0
12.1
  65歳以上 8.1 13.3 15.1 4.2 8.6 36.1
14.2
総数 8.9 22.4 7.1 6.6 14.5 23.4
0.0
16.6
  55〜59歳 14.9 24.9 7.8 9.0 16.4 12.8
0.0
14.1
  60〜64歳 8.8 22.3 6.7 6.4 16.1 24.0
0.0
15.4
  65歳以上 3.4 20.1 6.9 4.6 11.4 32.7
20.1
資料:総務省「就業構造基本調査」(平成14年)
(注)就業希望者とは、無業者のうち「何か収入になる仕事をしたいと思っている者」を指す。

 高齢者の雇用情勢をみると、平成17(2005)年の完全失業率は、55〜59歳で3.6%、60〜64歳で4.9%、65歳以上で2.0%、また、同年10月の有効求人倍率は、55〜59歳で0.44倍、60〜64歳で0.50倍、65歳以上で1.77倍と、前年と比べ改善に広がりが見られるものの、年齢層を問わず厳しさの残る雇用情勢(全年齢合わせた完全失業率は4.4%、有効求人倍率は0.96倍)の中でも、高齢者、とりわけ60〜64歳の年齢層の雇用情勢は依然として厳しいものとなっている(図1−2−26)。

図1−2−26 年齢階級別にみた完全失業率、有効求人倍率
図1-2-26 年齢階級別にみた完全失業率、有効求人倍率

 【高齢者の就業に係る政策については、第2章第3節1(1)「高齢者の雇用・就業の機会の確保」を参照。】

 第2節 高齢者の状況

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む