第1章 高齢化の状況 

第1章 高齢化の状況

第1節 高齢化の状況

1 高齢化の現状と将来像

(1)5人に1人が高齢者という社会

 我が国の総人口は、平成18(2006)年10月1日現在、1億2,777万人で、前年(1億2,777万人:平成17年国勢調査)に比べてほぼ横ばいになっている。
 65歳以上の高齢者人口は、過去最高の2,660万人(前年2,567万人)となり、総人口に占める割合(高齢化率)も20.8%(前年20.1%)となっている。
 65歳以上の高齢者人口を男女別にみると、男性は1,131万人、女性は1,529万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は73.9となった。
 また、高齢者人口のうち、前期高齢者(65〜74歳)人口は1,444万人(男性678万人、女性766万人、性比88.4)で総人口に占める割合は11.3%、後期高齢者(75歳以上)人口は1,217万人(男性453万人、女性763万人、性比59.4)で、総人口に占める割合は9.5%となっている(表1-1-1)。

表1-1-1 高齢化の現状
単位:万人(人口)、%(増加率、構成比)
  平成18年10月1日 平成17年10月1日
  総数 総数
人口(万人) 総人口 12,777 6,233 6,544 12,777 6,235 6,542
  (性比)95.2     (性比)95.3  
高齢者人口(65歳以上) 2,660 1,131 1,529 2,567 1,087 1,480
  (性比)73.9     (性比)73.5  
前期高齢者(65〜74歳) 1,444 678 766 1,407 658 749
  (性比)88.4     (性比)88.0  
後期高齢者(75歳以上) 1,217 453 763 1,160 429 731
  (性比)59.4     (性比)58.7  
生産年齢人口(15〜64歳) 8,373 4,208 4,165 8,409 4,221 4,188
  (性比)101.1     (性比)100.8  
年少人口(0〜14歳) 1,743 894 850 1,752 897 855
  (性比)105.1     (性比)104.9  
構成比 総人口 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0
高齢者人口(高齢化率) 20.8 18.1 23.4 20.1 17.4 22.6
前期高齢者 11.3 10.9 11.7 11.0 10.6 11.4
後期高齢者 9.5 7.3 11.7 9.1 6.9 11.2
生産年齢人口 65.5 67.5 63.6 65.8 67.7 64.0
年少人口 13.6 14.3 13.0 13.7 14.4 13.1
資料:平成18年は、総務省「推計人口」(平成18年10月1日現在)
:平成17年は、総務省「国勢調査」
(注)「性比」は、女性人口100人に対する男性人口

 また、後期高齢者は、前期高齢者の伸びを上回る増加数で推移してきている(図1-1-2)。

図1-1-2 高齢者人口の対前年度増加数の推移
図1-1-2 高齢者人口の対前年度増加数の推移

 我が国の65歳以上の高齢者人口は、昭和25(1950)年には総人口の5%に満たなかったが、45(1970)年に7%を超え(国連の報告書において「高齢化社会」と定義された水準)、さらに、平成6(1994)年にはその倍化水準である14%を超えた(「高齢社会」と称された)。そして、今、まさに21%を超える場面を迎えつつあり、5人に1人が高齢者、10人に1人が後期高齢者という「本格的な高齢社会」となっている。

 第1節 高齢化の状況

目次     次の項目に進む