第1章 高齢化の状況(第2節 2)

[目次]  [戻る]  [次へ]

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向(2)

2 高齢者の経済状況

○暮らし向きに心配ないと感じる高齢者は約7割

  • 60歳以上の高齢者の暮らし向きについてみると、『心配ない』(「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」と「家計にゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」の計)と感じている人の割合は全体で71.0%であり、年齢階級別にみると、「80歳以上」は80.0%と高い割合となっている(図1-2-3)。
図1-2-3 高齢者の暮らし向き

○高齢者世帯は、世帯人員一人当たりの年間所得が全世帯平均と大きな差はない

  • 高齢者世帯の平均年間所得は300.5万円で、全世帯平均(528.9万円)の半分強となっている(表1-2-4)。
  • 世帯人員一人当たりでは、高齢者世帯の平均世帯人員が少ないことから192.8万円となり、全世帯平均(205.3万円)との間に大きな差はみられない。
  • 公的年金・恩給を受給している高齢者世帯の約7割において、公的年金・恩給の総所得に占める割合が80%以上となっている(図1-2-5)。
表1-2-4 高齢者世帯の所得
区分 平均所得金額
一世帯当たり 世帯人員一人当たり(平均世帯人員)
高齢者世帯 総所得 300.5万円   192.8万円(1.56人)
 稼働所得 55.0万円 (18.3%)  
 公的年金・恩給 203.3万円 (67.6%)  
 財産所得 22.9万円 (7.6%)  
 年金以外の社会保障給付金 3.4万円 (1.1%)  
 仕送り・その他の所得 16.0万円 (5.3%)  
全世帯 総所得 528.9万円   205.3万円(2.58人)
資料:厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成26年)(同調査における平成25年1年間の所得)
(注)高齢者世帯とは、65歳以上の者のみで構成するか、又はこれに18歳未満の未婚の者が加わった世帯をいう。
図1-2-5 高齢者世帯における公的年金・恩給の総所得に占める割合別世帯数の構成割合

○世帯主が65歳以上の世帯では、貯蓄は全世帯平均の約1.4倍で、貯蓄の主な目的は病気や介護への備え

  • 世帯主が60~69歳の世帯及び70歳以上の世帯では、他の年齢階級に比べて大きな純貯蓄を有している(図1-2-6)。
  • 世帯主が65歳以上の世帯の平均貯蓄額は2,499万円で、全世帯平均1,798万円の約1.4倍となっている(図1-2-7)。
  • 貯蓄の目的についてみると、「病気・介護の備え」が62.3%で最も多い(図1-2-8)。
図1-2-6 世帯主の年齢階級別1世帯当たりの貯蓄・負債現在高、年間収入、持家率
図1-2-7 貯蓄現在高階級別世帯分布
図1-2-8 貯蓄の目的

○生活保護受給者(被保護人員)は増加傾向

  • 平成26(2014)年における65歳以上の生活保護受給者は92万人で、前年より増加している(図1-2-9)。
  • 65歳以上人口に占める65歳以上の生活保護受給者の割合は2.80%であり、全人口に占める生活保護受給者の割合(1.67%)より高くなっている。
図1-2-9 被保護人員の変移
[目次]  [戻る]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)