第1章 高齢化の状況(第1節)

[目次]  [次へ]

第1節 高齢化の状況

高齢化の現状と将来像

○高齢化率は27.3%

  • 我が国の総人口は平成28(2016)年10月1日現在、1億2,693万人(表1-1-1)。
  • 65歳以上の高齢者人口は3,459万人。
  • 65歳以上を男女別にみると、男性は1,500万人、女性は1,959万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は76.6。
  • 総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は27.3%。
  • 「65~74歳人口」(前期高齢者)は1,768万人、総人口に占める割合は13.9%。
  • 「75歳以上人口」(後期高齢者)は1,691万人、総人口に占める割合は13.3%。
表1-1-1 高齢化の現状
単位:万人(人口)、%(構成比)
   
総数
人口(万人) 総人口 12,693 6,177
(性比)94.8
6,517
高齢者人口(65歳以上) 3,459 1,500
(性比)76.6
1,959
65~74歳人口 1,768 842
(性比)91.0
926
75歳以上人口 1,691 658
(性比)63.6
1,033
生産年齢人口(15~64歳) 7,656 3,869
(性比)102.1
3,788
年少人口(0~14歳) 1,578 808
(性比)104.9
770
構成比 総人口 100.0 100.0 100.0
高齢者人口(高齢化率) 27.3 24.3 30.1
65~74歳人口 13.9 13.6 14.2
75歳以上人口 13.3 10.6 15.9
生産年齢人口 60.3 62.6 58.1
年少人口 12.4 13.1 11.8
資料:総務省「人口推計」平成28年10月1日(確定値)
(注)「性比」は、女性人口100人に対する男性人口

○平成77(2065)年には、約2.6人に1人が65歳以上、約4人に1人が75歳以上

  • 総人口が減少するなかで、高齢化率は上昇(図1-1-2)。
  • 高齢者人口は、いわゆる「団塊の世代」(昭和22(1947)~24(1949)年に生まれた人)が65歳以上となった平成27(2015)年には3,387万人となり、その後も増加傾向。54(2042)年に3,935万人でピークを迎え、その後は減少に転じるが高齢化率は上昇傾向にあると推計される。
  • 平成77(2065)年には高齢化率は38.4%に達し、約2.6人に1人が65歳以上。
  • 平成77(2065)年には75歳以上人口が総人口の25.5%となり約4人に1人が75歳以上。
  • 5年前(平成24年)の推計と比較すると、人口減少の速度(2060年推計人口について、今回推計では9,284万人、前回推計では8,674万人)や高齢化の進行度合い(2060年高齢化率の推計について、今回推計では38.1%、前回推計では39.9%)は緩和している。
図1-1-2 高齢化の推移と将来推計

○現役世代1.3人で1人の高齢者を支える社会の到来

  • 平成27(2015)年には、高齢者1人に対して現役世代(15~64歳)2.3人(図1-1-3)。
  • 平成77(2065)年には、高齢者1人に対して現役世代(15~64歳)1.3人。
図1-1-3 高齢世代人口の比率

○将来の平均寿命は男性84.95年、女性91.35年

  • 平均寿命は、平成27(2015)年現在、男性80.75年、女性86.99年(図1-1-4)。
  • 平成77(2065)年には、男性84.95年、女性91.35年となり、女性の平均寿命は90年を超える。
図1-1-4 平均寿命の推移と将来推計

○地域別にみた高齢化

  • 平成27(2015)年現在の高齢化率は、最も高い秋田県で33.8%、最も低い沖縄県で19.6%となっている(表1-1-5)。
表1-1-5 都道府県別高齢化率の推移
  平成27年(2015) 平成52年(2040) 高齢化率の伸び(ポイント)
総人口(千人) 65歳以上人口(千人) 高齢化率(%) 高齢化率(%)
北海道 5,382 1,558 29.1 40.7 11.6
青森県 1,308 391 30.1 41.5 11.4
岩手県 1,280 387 30.4 39.7 9.3
宮城県 2,334 588 25.7 36.2 10.5
秋田県 1,023 343 33.8 43.8 10.0
山形県 1,124 344 30.8 39.3 8.5
福島県 1,914 542 28.7 39.3 10.6
茨城県 2,917 772 26.8 36.4 9.6
栃木県 1,974 508 25.9 36.3 10.4
群馬県 1,973 540 27.6 36.6 9.0
埼玉県 7,267 1,789 24.8 34.9 10.1
千葉県 6,223 1,584 25.9 36.5 10.6
東京都 13,515 3,006 22.7 33.5 10.8
神奈川県 9,126 2,158 23.9 35.0 11.1
新潟県 2,304 685 29.9 38.7 8.8
富山県 1,066 323 30.5 38.4 7.9
石川県 1,154 317 27.9 36.0 8.1
福井県 787 222 28.6 37.5 8.9
山梨県 835 235 28.4 38.8 10.4
長野県 2,099 626 30.1 38.4 8.3
岐阜県 2,032 568 28.1 36.2 8.1
静岡県 3,700 1,021 27.8 37.0 9.2
愛知県 7,483 1,761 23.8 32.4 8.6
三重県 1,816 501 27.9 36.0 8.1
滋賀県 1,413 338 24.2 32.8 8.6
京都府 2,610 703 27.5 36.4 8.9
大阪府 8,839 2,278 26.1 36.0 9.9
兵庫県 5,535 1,482 27.1 36.4 9.3
奈良県 1,364 389 28.7 38.1 9.4
和歌山県 964 296 30.9 39.9 9.0
鳥取県 573 169 29.7 38.2 8.5
島根県 694 223 32.5 39.1 6.6
岡山県 1,922 541 28.7 34.8 6.1
広島県 2,844 774 27.5 36.1 8.6
山口県 1,405 448 32.1 38.3 6.2
徳島県 756 231 31.0 40.2 9.2
香川県 976 286 29.9 37.9 8.0
愛媛県 1,385 417 30.6 38.7 8.1
高知県 728 237 32.8 40.9 8.1
福岡県 5,102 1,305 25.9 35.3 9.4
佐賀県 833 229 27.7 35.5 7.8
長崎県 1,377 405 29.6 39.3 9.7
熊本県 1,786 511 28.8 36.4 7.6
大分県 1,166 352 30.4 36.7 6.3
宮崎県 1,104 323 29.5 37.0 7.5
鹿児島県 1,648 480 29.4 37.5 8.1
沖縄県 1,434 278 19.6 30.3 10.7
資料:平成27年は総務省「国勢調査」、平成52年は国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」

○過去最高となった社会保障給付費

  • 社会保障給付費全体について、平成26(2014)年度は112兆1,020億円となり過去最高の水準(図1-1-6)。
  • 国民所得に占める割合は、30.76%(前年比0.07ポイント減)。
  • 社会保障給付費のうち、高齢者関係給付費について、平成26(2014)年度は76兆1,383億円、社会保障給付費に占める割合は67.9%。
図1-1-6 社会保障給付費の推移

○我が国は世界で最も高い高齢化率である

  • 先進諸国の高齢化率と比較すると、我が国は、1980年代までは下位、90年代にはほぼ中位であったが、平成17(2005)年には最も高い水準となった(図1-1-7)。
  • 高齢化の速度について、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍加年数)によって比較すると、我が国の高齢化率は、昭和45(1970)年に7%を超えると、その24年後の平成6(1994)年には14%に達した。しかし、足元ではその伸率は鈍化している。一方、アジア諸国に目を移すと、韓国が18年、シンガポールが20年、中国が23年など、今後、一部の国で、我が国を上回るスピードで高齢化が進むことが見込まれている(図1-1-8)。
図1-1-7 世界の高齢化率の推移
図1-1-8 主要国における高齢化率が7%から14%へ要した期間
[目次]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)