ヒアリング記録の開示に関する意向確認への御協力のお願い(政府事故調査委員会のヒアリングに御協力いただいた皆様へ)

 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会(以下「政府事故調査委員会」という。)による東京電力福島原子力発電所事故の原因及び当該事故による被害の原因を究明するための調査・検証に関しては、ヒアリングに御協力いただき深く感謝申し上げます。お陰様をもちまして政府事故調査委員会においては、平成23年12月中に中間報告を、平成24年7月に最終報告を取りまとめ、公表することができました。政府としては、東京電力福島原子力発電所事故の発生を防ぐことができなかったことを真摯に反省し、これらの報告書に盛り込まれた教訓や提言をしっかりと受け止め、このような事故の再発の防止のための努力を続けていくこととしております。

 政府事故調査委員会によるヒアリングは、責任追及を目的とした調査・検証は行わないこと、ヒアリングの相手方が不開示を希望する場合には、ヒアリングの記録は部外に開示しないことなどを前提に、任意の協力を得て行われたものであるため、非公開で行われたヒアリングの記録は原則として部外に開示しないこととしています。ただし、ヒアリング記録の開示について本人の同意がある場合、第三者の権利・利益や国の安全等に係る部分を除き、開示しても特段の問題はないと考えられることから、必要な範囲で開示いたします。つきましては、御自身のヒアリング記録の全部又は一部の開示に関する意向確認に御協力いただける場合は、別添資料を御参照の上、御連絡いただけますようお願いいたします。

本件連絡先

〒100-8914
東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府政策統括官(原子力防災担当)付
参事官(総合調整担当)付
TEL:03(5253)2111 (内線83771)
FAX:03(3581)4347