第1章 高齢化の状況

3 高齢者の健康・福祉

(1)高齢者の健康

ア 高齢者の半数近くが何らかの自覚症状を訴えているが、日常生活に影響がある人は4分の1程度

65歳以上の高齢者の健康状態についてみると、平成19(2007)年における有訴者率(人口1,000人当たりの「ここ数日、病気やけが等で自覚症状のある者(入院者を除く)」の数)は496.0と半数近くの者が何らかの自覚症状を訴えている。

一方、65歳以上の高齢者の日常生活に影響のある者率(人口1,000人当たりの「現在、健康上の問題で、日常生活動作、外出、仕事、家事、学業、運動等に影響のある者(入院者を除く)」の数)は、平成19(2007)年において226.3と、有訴者率と比べると半分程度になっている。これを年齢階級別、男女別にみると、年齢層が高いほど上昇し、また、いずれの年齢層においても女性が男性を上回っている(図1−2−3−1)。

図1−2−3−1 65歳以上の高齢者の有訴者率及び日常生活に影響のある者率(人口千対)
CSV形式のファイルはこちら

この日常生活への影響を内容別にみると、高齢者では、「日常生活動作」(起床、衣服着脱、食事、入浴など)が人口1,000人当たり99.4、「外出」が同98.1と高くなっており、次いで「仕事・家事・学業」が同84.6、「運動(スポーツを含む)」が同64.3となっている。男女別では、男性は「日常生活動作」、女性は「外出」が最も高くなっている(図1−2−3−2)。

図1−2−3−2 65歳以上の高齢者の日常生活に影響のある者率(複数回答)(人口千対)
CSV形式のファイルはこちら

これを先にみた高齢者の有訴者率と比較すると、高齢者は、何らかの自覚症状があっても、必ずしも日常生活に支障を来しているわけではないことが推察される。

また、健康状態が良いほど、日常生活全般の満足度が高くなっている(図1−2−3−3)。

図1−2−3−3 日常生活の満足度と健康状態
CSV形式のファイルはこちら

イ 国際的にみて日本は健康寿命が長く、「自分は健康」と考えている高齢者も多い

我が国は平均寿命だけでなく、健康寿命(心身ともに自立して健康に生活できる期間)も世界で最も長くなっている(表1−2−3−4)。また、健康についての高齢者の意識を、韓国、アメリカ、ドイツ及びスウェーデンの4カ国と比較してみると、「健康である」と考えている人の割合は、日本は65.4%でスウェーデン(68.5%)に次いで高い結果となっており、以下、アメリカ(61.2%)、韓国(43.2%)、ドイツ(33.5%)の順となっている(図1−2−3−5)。

表1−2−3−4 欧米及びアジア諸国の健康寿命(2007年)
1.欧米 2.アジア
  年齢   年齢
日本 76年 日本 76年
イタリア 74年 中国 66年
スウェーデン 74年 インド 56年
スペイン 74年 インドネシア 60年
ドイツ 73年 フィリピン 62年
フランス 73年 韓国 71年
イギリス 72年 シンガポール 73年
アメリカ合衆国 70年 タイ 62年
資料:「World Health Statistics 2009」(World Health Organization)より内閣府作成
(注)健康寿命とは心身ともに自立して生活できる期間

図1−2−3−5 60歳以上の高齢者の健康についての意識(国際比較)
CSV形式のファイルはこちら

ウ 高齢者の受療率は他の年代より高く、国際的にみても高齢者が医療サービスを利用する割合は高い

65歳以上の受療率(高齢者人口10万人当たりの推計患者数の割合)は、平成20(2008)年において、入院が3,301、外来が10,904となっており、他の年齢階級に比べて高い水準にあるが、近年は減少傾向である(図1−2−3−6)。

図1−2−3−6 年齢階級別にみた受療率の推移

65歳以上の高齢者の受療率が高い主な傷病をみると、入院では、「脳血管疾患」(男性555、女性653)、「悪性新生物(がん)」(男性473、女性236)となっている。外来では、「高血圧性疾患」(男性1,293、女性1,706)、「脊柱障害」(男性1,125、女性1,126)となっている(表1−2−3−7)。

表1−2−3−7 主な傷病別にみた受療率(人口10万対)
 
65歳以上 65〜69歳 70〜74歳 75歳以上 65歳以上 65〜69歳 70〜74歳 75歳以上
入院 総数 3,186 1,865 2,526 4,630 3,387 1,291 1,924 5,120
悪性新生物 473 337 458 588 236 170 203 286
高血圧性疾患 15 5 6 28 39 4 8 71
心疾患(高血圧性のものを除く) 164 76 118 261 184 36 60 317
脳血管疾患 555 250 396 893 653 130 252 1,103
外来 総数 10,484 8,031 10,826 12,156 11,218 9,024 12,001 11,981
悪性新生物 484 340 493 589 234 227 254 228
高血圧性疾患 1,293 956 1,287 1,556 1,706 1,101 1,562 2,080
心疾患(高血圧性のものを除く) 406 245 368 555 316 144 237 439
脳血管疾患 376 218 346 517 315 129 248 440
脊柱障害 1,125 677 1,162 1,445 1,126 775 1,272 1,238
資料:厚生労働省「患者調査」(平成20年)より作成

高齢者の死因となった疾病をみると、死亡率(高齢者人口10万人当たりに対する死亡者数の割合)は、平成21(2009)年において、「悪性新生物(がん)」が952.3と最も高く、次いで「心疾患」555.7、「脳血管疾患」376.2の順になっており、これら三つの疾病で高齢者の死因の約6割を占めている(図1−2−3−8)。

図1−2−3−8 65歳以上の高齢者の主な死因別死亡率の推移
CSV形式のファイルはこちら

医療サービスを日頃どのくらい利用するかについて、韓国、アメリカ、ドイツ及びスウェーデンの4か国と比較すると、上記イでみたように、日本は「健康である」と考える人はスウェーデンに次いで多いものの、医療サービスの利用状況は「ほぼ毎日」から「月に1回くらい」までの割合の合計が61.6%と高く、他の国と比較して医療サービスの利用頻度が最も高くなっている(図1−2−3−9)。

図1−2−3−9 医療サービスの利用状況(国際比較)
CSV形式のファイルはこちら

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む