[目次]    [次へ]

第1章 高齢化の状況

第1節 高齢化の状況

高齢化の現状と将来像

○高齢化率が23.3%に上昇

  • 我が国の総人口は平成23(2011)年10月1日現在、1億2,780万人(表1-1-1)。
  • 65歳以上の高齢者人口は過去最高の2,975万人(前年2,925万人)。
  • 65歳以上を男女別にみると、男性は1,268万人、女性は1,707万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は74.3。
  • 総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は23.3%(前年23.0%)。
  • 「65~74歳人口」(前期高齢者)は1,504万人、総人口に占める割合は11.8%。
  • 「75歳以上人口」(後期高齢者)は1,471万人、総人口に占める割合は11.5%。
表1-1-1 高齢化の現状
単位:万人(人口)、%(構成比)
  平成23年10月1日 平成22年10月1日
総数 総数
人口
(万人)
総人口 12,780 6,218
(性比)94.8
6,562 12,806 6,233
(性比)94.8
6,573
高齢者人口(65歳以上) 2,975 1,268
(性比)74.3
1,707 2,925 1,247
(性比)74.3
1,678
 65~74歳人口(前期高齢者) 1,504 709
(性比)89.2
795 1,517 715
(性比)89.0
803
 75歳以上人口(後期高齢者) 1,471 559
(性比)61.3
912 1,407 532
(性比)60.8
875
生産年齢人口(15~64歳) 8,134 4,095
(性比)101.4
4,039 8,103 4,068
(性比)100.8
4,035
年少人口(0~14歳) 1,671 855
(性比)104.9
815 1,680 860
(性比)104.9
820
構成比 総人口 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0
高齢者人口(高齢化率) 23.3 20.4 26.0 23.0 20.2 25.7
 65~74歳人口 11.8 11.4 12.1 11.9 11.6 12.3
 75歳以上人口 11.5 9.0 13.9 11.1 8.6 13.4
生産年齢人口 63.6 65.9 61.6 63.8 65.9 61.8
年少人口 13.1 13.8 12.4 13.2 13.9 12.6
資料:平成23年は、総務省「人口推計」(平成23年10月1日現在)
平成22年は、総務省「国勢調査」(構成比の算出には分母から年齢不詳を除いている)
(注)「性比」は、女性人口100人に対する男性人口

○平成72(2060)年には、2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上

  • 今後、総人口が減少するなかで、高齢化率は上昇(図1-1-2-(1))。
  • 高齢者人口は、いわゆる「団塊の世代」(昭和22(1947)~24(1949)年に生まれた人)が65歳以上となる平成27(2015)年には3,395万人となり、その後も増加。54(2042)年以降は高齢者人口が減少に転じるが高齢化率は上昇。
  • 平成72(2060)年には高齢化率は39.9%に達し、2.5人に1人が65歳以上。
  • 平成72(2060)年には75歳以上人口が総人口の26.9%となり4人に1人が75歳以上。
  • 前回推計(平成18年12月推計)と比較して、高齢化率は低下(図1-1-2-(2))。
図1-1-2-(1) 高齢化の推移と将来推計
図1-1-2-(2) 高齢化率の前回将来推計との比較

○現役世代1.2人で1人の高齢者を支える社会の到来

  • 平成22(2010)年には、高齢者1人に対して現役世代(20~64歳)2.6人(図1-1-3)。
  • 平成72(2060)年には、高齢者1人に対して現役世代(20~64歳)1.2人。
図1-1-3 高齢世代人口の比率

○男性84.19歳、女性90.93歳まで生きられる

  • 平均寿命は、平成22(2010)年現在、男性79.64年、女性86.39年(図1-1-4)。
  • 平成72(2060)年には、男性84.19年、女性90.93年となり、女性の平均寿命は90年を超える。
図1-1-4 平均寿命の推移と将来推計

○地域別にみた高齢化

  • 平成23(2011)年現在の高齢化率は、最も高い秋田県で29.7%、最も低い沖縄県で17.3%となっている(表1-1-5)。
表1-1-5 都道府県別高齢化率の推移
  平成23年(2011) 平成47年(2035) 高齢化率の伸び(ポイント)
総人口(千人) 65歳以上人口(千人) 高齢化率(%) 高齢化率(%)
北海道 5,486 1,382 25.2 37.4 12.2
青森県 1,363 355 26.1 38.2 12.1
岩手県 1,314 358 27.3 37.5 10.2
宮城県 2,327 520 22.4 33.8 11.4
秋田県 1,075 319 29.7 41.0 11.3
山形県 1,161 321 27.6 36.3 8.7
福島県 1,990 502 25.2 35.5 10.3
茨城県 2,958 676 22.9 35.2 12.3
栃木県 2,000 447 22.3 33.6 11.3
群馬県 2,001 479 23.9 33.9 10.0
埼玉県 7,207 1,506 20.9 33.8 12.9
千葉県 6,214 1,370 22.0 34.2 12.2
東京都 13,196 2,713 20.6 30.7 10.1
神奈川県 9,058 1,865 20.6 31.9 11.3
新潟県 2,362 624 26.4 36.6 10.2
富山県 1,088 287 26.4 36.0 9.6
石川県 1,166 279 23.9 34.5 10.6
福井県 803 202 25.2 34.0 8.8
山梨県 857 213 24.8 35.3 10.5
長野県 2,142 571 26.7 35.6 8.9
岐阜県 2,071 504 24.3 33.6 9.3
静岡県 3,749 903 24.1 34.6 10.5
愛知県 7,416 1,530 20.6 29.7 9.1
三重県 1,847 451 24.4 33.5 9.1
滋賀県 1,414 295 20.9 29.9 9.0
京都府 2,632 624 23.7 32.3 8.6
大阪府 8,861 2,012 22.7 33.3 10.6
兵庫県 5,582 1,304 23.4 34.3 10.9
奈良県 1,396 340 24.4 36.8 12.4
和歌山県 995 274 27.5 38.6 11.1
鳥取県 585 155 26.4 34.5 8.1
島根県 712 207 29.1 37.3 8.2
岡山県 1,941 493 25.4 33.4 8.0
広島県 2,855 693 24.3 34.5 10.2
山口県 1,442 407 28.2 37.4 9.2
徳島県 780 212 27.1 36.7 9.6
香川県 992 258 26.1 35.9 9.8
愛媛県 1,423 382 26.9 37.0 10.1
高知県 758 220 29.0 37.4 8.4
福岡県 5,079 1,144 22.5 32.6 10.1
佐賀県 847 209 24.7 34.2 9.5
長崎県 1,417 371 26.2 37.4 11.2
熊本県 1,813 467 25.8 35.6 9.8
大分県 1,191 319 26.8 35.6 8.8
宮崎県 1,131 293 25.9 36.9 11.0
鹿児島県 1,699 450 26.5 35.9 9.4
沖縄県 1,401 242 17.3 27.7 10.4
資料:平成23年は総務省「人口推計」、平成47年は国立社会保障・人口問題研究所「日本の都道府県別将来推計人口(平成19年5月推計)」

○過去最高となった社会保障給付費

  • 社会保障給付費全体について、平成21(2009)年度は99兆8,507億円となり過去最高の水準(図1-1-6)。
  • 国民所得に占める割合は、昭和45(1970)年度の5.8%から29.4%に上昇。
  • 社会保障給付費のうち、高齢者関係給付費について、平成21(2009)年度は68兆6,422億円、社会保障給付費に占める割合は68.7%。
図1-1-6 社会保障給付費の推移

○我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えている

  • 諸外国と比較すると、我が国は、世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎えている(図1-1-7)。
図1-1-7 世界の高齢化率の推移
[目次]    [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)