[目次]  [戻る]  [次へ]

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

1 高齢者の家族と世帯

○高齢者のいる世帯は全体の4割、そのうち「単独世帯」・「夫婦のみの世帯」が過半数

  • 65歳以上の高齢者のいる世帯は増え続けており、平成22(2010)年現在、世帯数は2,071万世帯であり、全世帯(4,864万世帯)の42.6%を占める(図1-2-1)。
  • 三世代世帯は減少傾向である一方、単独世帯、親と未婚の子のみの世帯は増加傾向で、平成22(2010)年現在、単独世帯と夫婦のみの世帯を合わせると半数を超える。
図1-2-1 65歳以上の者のいる世帯数及び構成割合(世帯構造別)と全世帯に占める65歳以上の者がいる世帯の割合

○一人暮らし高齢者は増加傾向

  • 一人暮らし高齢者の増加は男女ともに顕著(図1-2-2)。
  • 一人暮らし高齢者が高齢者人口に占める割合は、昭和55(1980)年には男性4.3%、女性11.2%であったが、平成22(2010)年には男性11.1%、女性20.3%となっている。
図1-2-2 一人暮らし高齢者の動向
[目次]  [戻る]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)