反射材について

反射材とは

 夕方や夜間になると、車の運転者から歩行者が見えにくくなり、重大事故が発生しやすくなります(右図参照)。運転者も早目の点灯など十分な注意が必要ですが、歩行者も運転者からよく見えるよう配慮することが大切です。

時間帯別・歩行中死者数(平成11年)棒グラフ

 このため、夕方や夜間には、明るい目立つ色(白色や黄色)の服を着ることや、反射材用品を付けるよう心掛けましょう。
 特に、お年寄りなどが夜間外出するときは、反射材用品を付けるよう、家族みんなで配慮し、反射材用品を玄関の決まった場所に置くなどの工夫をしましょう。

反射材用品を付けた時の視認性の例

反射材の購入

 反射材は、スーパーなどの日用雑貨店のスポーツ用品売場、自転車用品売場等で扱っております。あるいは、お住まいの地域の交通安全協会にお尋ねください。

こんな反射用品用品があります・タスキ350円程度・シール型90円程度・アームバンド170円程度・靴用シール90円程度・ペンダント140円手程度

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)