内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通事故被害者支援  >  交通事故被害者サポート事業について

交通事故被害者サポート事業について

第9次交通安全基本計画(平成23年3月31日中央交通安全対策会議決定)では、「被害者支援の推進」を交通安全対策の柱の1つに掲げており、交通事故被害者とその家族・遺族(以下、交通事故被害者等)への支援を推進していくこととしております。

交通事故被害者サポート事業では、交通事故被害者等が、深い悲しみや辛い体験から立ち直り、回復に向けて再び歩み出すことができるような土壌を醸成し、交通事故被害者等の権利・利益の保護を図ることを目的としております。

被害者支援の相談窓口

交通事故に関してさまざまな相談窓口があります。「こんなときは、どこに相談したらよいか。」と迷った際には、以下のサイトをご参照ください。

事業概要

交通事故で家族を亡くした子供の支援」に関するシンポジウム

交通事故被害者サポート事業では、平成24年度から交通事故で家族を亡くした子供に焦点を当て、必要な支援や課題等の意見を集約し、家族を亡くした子供のみならず、その周囲にいる保護者や支援に携わる方々に対して情報発信を目的としたシンポジウムを開催しております。
シンポジウムの基調講演の動画を掲載しましたので、是非ご覧ください。

平成27年度
基調講演
福岡市こども総合相談センター
所長 藤林武史
「家族を亡くした子供の理解とケア」
  1. 被害者の心理状態(約9分20秒)別ウインドウで開きます
  2. 家族を亡くした子供の反応(約10分17秒)別ウインドウで開きます
  3. 家族を亡くした子供に必要なこと(約15分5秒)別ウインドウで開きます
  4. 被害者支援に大切なこと(約5分8秒)別ウインドウで開きます
平成26年度
基調講演
大阪教育大学
学校危機メンタルサポートセンター
准教授 岩切 昌宏
「突然の家族の死とそのケア」
  1. 悲嘆とは(約17分30秒)別ウインドウで開きます
  2. 複雑性悲嘆(約10分30秒)別ウインドウで開きます
  3. 悲嘆への心理的ケア(約16分)別ウインドウで開きます

事業報告書・マニュアル・パンフレット等

交通事故被害者サポート事業では、被害者支援の現場の声や実情を踏まえ、自助グループ支援マニュアルや交通事故被害者等向けのパンフレットなどを作成してきました。交通事故被害者等の方々が抱える問題等の理解や解決のために、ご活用頂ければと思います。

交通事故被害者等向けパンフレット
自助グループ支援マニュアル
支援担当者マニュアル
事業報告書
(参考)
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)