平成15年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況




 第1編 陸上交通 

第1部 道路交通

第1章 道路交通事故の動向

 第1節 道路交通事故の長期的推移 

 道路交通事故(人身事故に限る。以下本項において同じ。)の長期的推移をみると,戦後,昭和20年代後半から40年代半ばごろまでは,死傷者数が著しく増大しており,26年から45年までに死傷者数は3万5,703人から99万7,861人へ,死者数は4,429人から1万6,765人へと増加している。
 これは,車社会化の急速な進展に対して,道路整備,信号機,道路標識等の交通安全施設が不足していたことはもとより,車両の安全性を確保するための技術が未発達であったことや,交通社会の変化に対する人々の意識が遅れていたことなど,社会の体制が十分に整っていなかったことが要因であったと考えることができる。
 このため,交通安全の確保は焦眉の社会問題となり,昭和45年に交通安全対策基本法(昭45法110)が制定され,国を挙げての交通安全対策が進められた。
 同法では,交通の安全に関する総合的かつ長期的な施策の大綱である交通安全基本計画の作成について定めており,昭和46年度の第1次交通安全基本計画から始まり,現在は平成13年度から17年度までの5年間を計画期間とする第7次交通安全基本計画が実施されている。各計画では,それぞれ達成すべき目標を掲げ,交通安全に関する施策を強力に推進してきたが,その結果,15年の交通事故死者数は7,702人と第7次交通安全基本計画の目標を2年度目で達成した14年を更に下回り,昭和32年の7,575人以来46年振りに8千人を下回った(第1‐1表)。
 死傷者数については,第1次及び第2次交通安全基本計画に基づく諸対策により昭和45年の99万7,861人から54年には60万4,748人に減少させることができた。その後,年間交通事故死者数が増勢に転じた55年を基準とすると,平成15年の死傷者数は1.96倍と,自動車保有台数の1.99倍,運転免許保有者数の1.80倍にほぼ比例して増加している。
 なお,平成15年中の死傷者数は118万9,133人と12年ぶり減少した14年から再び増加に転じた(第1‐1図第1‐2図)。
 また,自動車保有台数1万台当たりの死傷者数は,昭和43年の619.6人から,ほぼ一貫して減少を続け,平成3年には130.6人まで減少し,その後130〜134人の間で,横ばいで推移したものの,10年から増加に転じ,15年には153.3人となった(第1‐3図)。
 交通事故死者数を人口10万人当たりでみると,昭和45年まで年とともに増加し,同年には16.2人となったが,46年以降は減少に転じ,54年には7.3人にまで減少した。その後,若干の増減を繰り返し,平成15年には6.0人となっている。自動車1万台当たりの交通事故死者数及び自動車1億走行キロ当たりの交通事故死者数については,50年代半ばまで順調に減少してきたが,その後は漸減傾向が続いている(第1‐4図)。
 なお,本報告における交通事故統計の数値は,原則として警察庁の交通統計による数値であり,交通事故死者数は,24時間死者数である。
 このほかに,事故発生後30日以内に死亡した者(30日以内死者)の数を集計したものがあり,平成15年の30日以内死者数は8,877人となっている。さらに,陸上,水上及び航空交通の事故を原死因とする死亡者(事故発生後1年を超えて死亡した者及び後遺症により死亡した者を除く。)すべてを死因分類「交通事故」として計上している厚生労働省の人口動態統計がある。人口動態統計による14年の交通事故死亡者数は1万1,743人で,このうち明らかに道路上の交通事故ではないと判断されたものを除き,警察庁では「厚生統計の死者数」として1万1,483人計上している。

第1‐1表 交通安全基本計画の目標値と実数値 CSVファイル

第1‐1図 道路交通事故による交通事故発生件数,死傷者数及び死者数の推移 CSVファイル

第1‐2図 交通事故発生件数,運転免許保有者数,自動車保有台数及び自動車走行キロの推移 CSVファイル

第1‐3図 人口10万人・自動車1万台・自動車1億走行キロ当たりの交通事故死傷者数の推移 CSVファイル

第1‐4図 人口10万人・自動車1万台・自動車1億走行キロ当たりの交通事故死者数の推移 CSVファイル

-

第2節 死者数半減等の目標

もどる