平成22年度 交通安全施策に関する計画

別添参考

参考−3 欧米諸国の交通事故発生状況

国際道路交通事故データベース(IRTAD)がデータを有する29か国について,人口10万人当たりの死者数を比較すると,我が国は4.7人(2008年)であり,第6位に位置している。(第1図)


第1図 人口10万人当たりの交通事故死者数(2008年)

1 概況

主な欧米諸国(アメリカ,ドイツ,イギリス,フランス)の交通事故死者の推移をみると,ドイツ,イギリス及びフランスは,ドイツの統一前後の一時的増加を除き,おおむね減少傾向にある。アメリカは,増加傾向が続いていたが,2006年より減少に転じている。(第2図)


第2図 主な欧米諸国の交通事故死者数の推移

2 自動車の普及及び道路の延長状況

我が国と欧米諸国の自動車の普及状況を見ると,人口1人当たりの自動車保有台数は,アメリカが最も多く,オーストラリア,イタリアが続いている。我が国は,それに次ぐドイツ,フランス,カナダと同程度となっている。(第1表)


第1表 欧米諸国の交通事故の状況

3 自動車保有台数及び自動車走行キロメートル当たり交通事故死者数の状況

我が国と欧米諸国の自動車1万台当たりの交通事故死者数の状況を見ると,アメリカが1.66人と最も多く,我が国は他の欧米諸国とほぼ同程度である。また,自動車走行1億キロメートル当たりの交通事故死者数についてみると,我が国は比較的多く,アメリカと同程度となっている。(第1表)


4 状態別交通事故死者数の状況

我が国と主な欧米諸国(アメリカ,ドイツ,イギリス,フランス及びスウェーデン)の状態別交通事故死者数の状況を見ると,我が国は乗用車乗車中の死者数の構成率が低く,歩行中及び自転車乗車中の死者数の構成率が高い。イギリスは,歩行中死者数の構成率が我が国に次いで高い。一方,スウェーデン,フランス及びドイツは,乗用車乗車中の死者数の構成率が高い。また,アメリカは,乗用車乗車中とその他で,死者数の72%程度を占めている。(第3図)


第3図 主な欧米諸国の状態別交通事故死者数の構成率(2008年)

5 年齢層別交通事故死者数の状況

我が国と主な欧米諸国(アメリカ,ドイツ,イギリス,フランス及びスウェーデン)の年齢層別交通事故死者数の状況を見ると,主な欧米諸国では,15〜24歳の年齢層の構成率が我が国よりも高く,人口構成率を6〜14ポイント上回っている。我が国は,65歳以上の年齢層の構成率が際立って高い。(第4図)


第4図 主な欧米諸国の年齢層別交通事故死者数の構成率と人口構成率(2008年)


参考−4 道路交通事故交通統計24時間死者,30日以内死者及び30日死者の状況の比較

目次