内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通安全白書  >  平成28年交通安全白書(全文)  >  平成27年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況  >  第3編 航空交通 第2章 航空交通安全施策の現況 第4節 航空機の安全性の確保

第3編 航空交通 第2章 航空交通安全施策の現況
第4節 航空機の安全性の確保

目次]  [前へ]  [次へ

第3編 航空交通

第2章 航空交通安全施策の現況

第4節 航空機の安全性の確保

1  航空機,装備品等の安全性を確保するための技術基準等の整備

航空機,装備品等の安全性の一層の向上等を図るため,最新技術の開発状況や国際的な基準策定の動向等を踏まえ,航空機の騒音値に対する効率的な検証方法に係る調査等の必要な調査を実施するとともに,航空機及び装備品の安全性に関する技術基準等の整備を行った。


2 航空機検査の的確な実施

国産旅客機開発プロジェクトについて,その安全性を確保するため,設計・製造国政府として,型式証明の審査等を的確に進めるとともに,輸入国当局である欧米当局との必要な調整を実施した。

また,航空機の検査や製造・整備事業者等に対する指導監督を行うための体制強化を実施するとともに,航空機検査・設計審査職員の質的向上を図るため,研修の充実強化を図った。


3 航空機の整備審査の的確な実施

航空運送事業者の整備体制に係る審査として,整備規程の認可に係る審査のほか,新規参入や新たな基地の追加,新機種導入時等に行う運航開始前の検査,定例連絡会議の開催等を行っており,これらを通じて的確に指導・監督を行っている。

また,整備審査官の質的向上を図るため,研修内容の見直しを行い,最新の整備方式に対応した内容の研修を実施している。


目次]  [前へ]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)