支援・配慮事例(日本学生支援機構)

キーワード: 特化, , 統合失調症, アスペルガー症候群, 自閉症, 注意欠陥多動性障害(ADHD), 学習障害(LD), 言語障害, 難聴, 弱視(ロービジョン), 内部障害, 病弱, 性別違和, 特別支援, 障害者手帳, 教育, 試験, 啓発・学習, 交通, 建物, 情報保障, 移動支援, 手話, 点字, 筆談, 車いす, バリアフリー, 支援機器, 障害当事者の意見, 支援者の意見, アンケート
障害の種別 全般, 視覚障害, 聴覚障害, 肢体不自由, 知的障害, 精神障害, 発達障害, 難病等
場面の種別 教育
組織 日本学生支援機構
時期 平成27年4月
概要 日本学生支援機構が、全国の大学、短期大学及び高等専門学校のうち、障害のある学生が在籍している学校(811校)を対象に調査し、取りまとめた事例集。各大学等において実際に学生に配慮を行なった事例が集約されている。視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、病弱・虚弱、発達障害、精神障害の種別ごとに整理されている。紹介する事例は、大学等における「合理的配慮」の基準や見本を示すものではないが、大学等において各校の状況に応じた具体的取組の検討をする際の参考資料として提供しているものである。

目次

  1. 趣旨・背景
  2. 紹介事例について
  3. 調査の概要

事例

全般

  • 体制、取組等

視覚障害

  • 視覚障害・盲
  • 視覚障害・弱視

聴覚・言語障害

  • 聴覚・言語障害・聾
  • 聴覚・言語障害・難聴
  • 聴覚・言語障害・言語障害のみ及び重複

肢体不自由

  • 肢体不自由・上肢機能障害
  • 肢体不自由・下肢機能障害
  • 肢体不自由・上下肢機能障害
  • 肢体不自由・他の機能障害及び重複

病弱・虚弱

  • 病弱・虚弱

発達障害

  • 発達障害・LD及びADHD
  • 発達障害・高機能自閉症等

精神障害

  • 精神障害

事例検索について

合理的配慮サーチでは、内閣府共通検索システムを使用して事例の絞り込みができます。
ページ上部にある検索欄に「合理的配慮サーチ」と入力し、スペース区切りでキーワードを入力してください。

検索例

  • 合理的配慮サーチ 聴覚障害
  • 合理的配慮サーチ 環境整備 接客

合理的配慮サーチの手引き別ウインドウで開きます

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)