内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  青年国際交流  >  6つの交流事業  >  日本・中国青年親善交流事業

日本・中国青年親善交流事業

 日本・中国青年親善交流事業は、昭和54年度(1979年度)に開始され、平成29年度は39回目の実施となりました。
 本事業は、日本と中国の青年相互の理解と友好の増進を図ることを目的とし、日本政府と中国政府の共同事業として実施しているものです。
 また、日本青年の育成の観点から、内閣府青年国際交流事業は、「国際社会の各分野でリーダーシップを発揮し、社会に貢献する青年を育成する」ことを共通の目的としており、事業参加によりコミュニケーション力や異文化対応力等の能力向上を図ることをねらいとしています。

平成29年度(2017年度)事業の概要

日本青年中国派遣

中国派遣1

中国派遣2

中国派遣3


 本青年中国派遣団26名は、11月14日~25日の12日間、北京・貴陽・凱里 ・深セン・ 広州を訪れ、中国青年とのディスカッションやホームステイを通した交流とともに、グローバルに飛躍をとげる中国の先進企業訪問、起業をめぐるビジネス制度等に関連する施設の訪問等を行いました。
また、11月16日には、北京にて開催された日中国交正常化45周年記念フォーラムに出席しました。

「航空機による青年海外派遣」事業報告

 平成29年度航空機派遣事業(国際青年育成交流事業、日本・韓国青年親善交流事業及び日本・中国青年親善交流事業)に参加した日本青年たちの企画・運営により、一般参加者に訪問国での活動報告を行いました。(2018年2月4日)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)