内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  青年国際交流  >  6つの交流事業

青年国際交流事業の概要

国際青年育成交流事業 国際青年育成交流事業
 皇太子殿下の御成婚を記念して1994年に開始した事業です。 バルト三国や中南米及びアジア諸国などに日本青年を派遣し、訪問国では現地青年との社会事情に関するディスカッション、企業等施設訪問及びホームステイを行います。また帰国後は、日本に招へいされた外国青年と一同に会して国際青年交流会議に参加し、3日間にわたる外国青年とのディスカッションを通じて、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を高めます。
(18日間)
日本・中国青年親善交流事業 日本・中国青年親善交流事業
 1978年の日中平和友好条約の締結を記念し、1979年から開始された日中両国政府による共同事業です。 文化紹介やホームステイを通した交流とともに、ビジネス環境・就職・ボランティアの状況などについて、両国の共通点や相違点などを掘り下げて考える機会ともなる大学生との意見交換、グローバルに飛躍をとげる中国の先進企業訪問、起業をめぐるビジネス制度等に関連する施設の訪問等を行う多彩なプログラムです。
(12日間)
日本・韓国青年親善交流事業 日本・韓国青年親善交流事業
 1984年の日韓両国首脳会談における共同声明の趣旨を踏まえ、1987年から開始された日韓両政府による共同事業です。 文化紹介やホームステイを通じた交流、地球環境、文化、教育、社会福祉等の各種施設、先進企業の訪問やディスカッション等を行います。これらを通じて、日韓関係の将来に向けたありようについて踏み込んで考え、どのような領域で青年たちが東アジア地域の発展に貢献できるのかを考えてゆく機会ともなります。
また、日本に招へいした韓国青年と日本青年との合宿文化交流会等を行っています。
(15日間)
「東南アジア青年の船」事業 「東南アジア青年の船」事業
 1974年に開始したわが国とASEAN諸国との共同事業です。ASEAN10か国の青年と船内等で共同生活をしながら、ディスカッションや文化交流を行います。 東南アジア各国から選びぬかれた青年とのネットワークを構築するとともに、アジア地域の未来を担う人材の育成を図ります。
(約40日間)
次世代グローバルリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」(世界青年の船) 「世界青年の船」事業
 1967年度開始の「明治百年事業」にルーツがある事業です。 毎年異なる世界10か国から集まった外国青年と船内等で共同生活をしながら、ディスカッションや文化交流を行います。
プロジェクトマネジメントや異文化対応を、理論・実践の両面で強化することに重点をおいた事業です。
(約30日間)
青年社会活動コアリーダー育成プログラム 地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」
高齢者、障害者、青少年の3分野に特化した社会活動経験者向けの派遣事業です。
各国で同じ分野で働く同世代の若者との交流や政府機関・関連団体及び施設の訪問や意見交換等を通じて、人的ネットワークを形成し、社会課題解決能力を高めます。
(10日間)

※ 事業内容は変更となる場合があります。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)