内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  青年国際交流  >  6つの交流事業  >  国際青年育成交流事業

国際青年育成交流事業

 国際青年育成交流事業は、平成5年(1993年)の皇太子殿下の御成婚を記念して平成6年に開始したもので、日本青年を海外に派遣する「日本青年海外派遣」と、外国青年を日本に招へいする「外国青年招へい」から構成される双方向の事業であり、平成29年度は24回目にあたります。
 当時皇太子殿下であられた今上陛下の御成婚記念事業として、昭和34年度(1959年度)に開始した青年海外派遣事業と昭和37年度(1962年度)に開始した外国青年招へい事業を継承・発展させたものです。
 日本と諸外国の青年との交流を通じて青年相互の友好と理解を促進し、青年の国際的視野を広げ、国際協調の精神のかん養と国際協力の実践力を向上させることにより、国際社会で指導性を発揮できる青年を育成することを目的としています。

平成29年度(2017年度) 事業の概要

日本青年海外派遣

日本青年海外派遣における、海外での活動の様子

表敬訪問での集合写真1

表敬訪問での集合写真2


 ドミニカ共和国、エストニア共和国、ミャンマー連邦共和国へ計40名(団長・副団長含む)の日本青年が18日間(2017年9月9日~26日)派遣されました。訪問国では、表敬訪問、現地青年との合宿ディスカッション、日本文化の紹介、国際協力活動の体験、ホームステイ、課題別視察などを行い、各国青年との相互理解を深めました。

国際青年交流会議

 国際青年育成交流事業の効率的な実施に資することを目的として、日本青年海外派遣事業及び外国青年招へい事業の参加青年等が一堂に会する国際青年育成交流会議を開催しています。平成29年度は9月27日から29日までの3日間、キャリア形成、メディアリテラシー、多文化共生についてディスカッションを行い、これにより、青年の社会参加への意識を高め、社会活動を促し、もって参加青年の育成と国際社会の一層の発展に資することとしています。9月27日には、青年海外派遣団は、外国青年招へい団とともにそれぞれのテーマごとにディスカッションを行い、代表青年によるディスカッションでは、皇太子同妃両殿下の御臨席を賜りそれぞれのテーマに対する各国の状況や考え方について相互の理解を深め合いました。引き続き行われた懇談会では、日本青年及び外国青年の代表者は共に皇太子殿下に御挨拶を申し上げ、親しく御歓談する貴重な機会を賜りました。翌28日は、関連施設の視察をテーマごとに行い、各テーマに関しての造詣を深め合い、そして最終日29日においては、成果発表会にてディスカッションの成果をコース別に発表して全体で共有し、その後のコース別の評価会で、3日間のディスカッション活動の振り返りを行いました。

国際青年交流会議1

国際青年交流会議2


外国青年招へい

 チリ共和国、ドミニカ共和国、エストニア共和国、ミャンマー連邦共和国、アイルランド、ヨルダン・ハシュミット王国の6か国から計49名の外国青年が日本に16日間(2017年9月26日~10月11日)招へいされました。外国青年は、表敬訪問、日本青年との課題別ディスカッションや共同体験交流活動を行うとともに、ホームステイを経験し、日本についての理解を深めました。

  • 東京プログラム : 外国青年は、オリエンテーションを受けた後、海外派遣日本青年とともに9月27日から29日までの3日間「国際青年交流会議」に出席しました。10月9 日にはボランティアの日本青年同行のもと、都内体験プログラムを行い、翌10日事業の評価会、修了式を行い、10月11日すべての日程を無事終了し、帰国の途につきました。
  • 地方プログラム : 外国青年は、3つのグループに分かれて、高知県・鳥取県(ドミニカ共和国、アイルランド)、函館市・香川県(エストニア、ヨルダン)、沖縄県・奈良県(ミャンマー、チリ)を訪問し、地元青年とのディスカッション、課題別施設訪問、伝統文化体験やホームステイ(2泊3日)を含む8泊9日(9月30日~10月8日)プログラムを体験しました。

「航空機による青年海外派遣」事業報告

 平成29年度航空機派遣事業(国際青年育成交流事業、日本・韓国青年親善交流事業及び日本・中国青年親善交流事業)に参加した日本青年たちの企画・運営により、一般参加者に訪問国での活動報告を行いました。(2018年2月4日)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)