競争的研究費制度

競争的研究費制度について

 競争的研究費制度は、競争的な研究環境を形成し、研究者が多様で独創的な研究に継続的、発展的に取り組む上で基幹的な研究資金制度であり、科学技術・イノベーション基本計画(令和3年3月26日閣議決定)において、「大学、国立研究開発法人等において、省庁等の公募により競争的に獲得される経費のうち、研究に係るもの(競争的資金として整理されていたものを含む)。」と定義されている。
また、同計画では、「研究者への切れ目ない支援を実現するなど、知の創出と活用を最大化するための競争的研究費改革を進める」としている。
 これらを踏まえ、研究者の研究環境の改善等に向けて、研究代表者の人件費及び研究以外の業務代行経費の直接経費による支出を可能とすることや、研究者の事務負担軽減に関する取組みなど、政府として競争的研究費制度の一体的な見直しを進めている。

競争的研究費制度一覧

競争的研究費に関する関係府省連絡会申し合わせ等

(各種事務手続きの取扱いに関する申合せ)

(間接経費の取扱いに関する申合せ)

(研究環境の改善に関する申合せ)

(研究成果の取扱いに関する申合せ)

(不正行為の取扱いに関する申合せ)

・各府省の関連する取組

(その他)

※競争的研究費制度一覧の各制度が、全ての申し合わせに対応しておりませんので、対応状況は、各制度ホームページ等でご確認ください。