科学技術・イノベーション

統合イノベーション戦略

人間中心のAI社会原則(2018年12月27日 案)(PDF形式:345KB)PDFを別ウィンドウで開きます

「人間中心のAI社会原則」(案)に関する意見募集について

我が国はこれまで、世界有数の科学技術力、そして国民の教育水準の高さによって高度成長を成し遂げてきましたが、近年は長引くデフレや円高により経済状況が弱化していました。科学技術イノベーションは経済再生の原動力であり、科学技術イノベーション政策を強力に推進し、諸外国における政策動向の変化などの環境変化も生じつつある中で、我が国を「世界で最もイノベーションに適した国」としていくことが、今、最も必要とされています。

会議開催案内

2018年1月29日
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)SIP第2期『自動運転(システムとサービスの拡張)』推進委員会(第5回)の開催について(2月1日開催)
2019年1月25日
第114回生命倫理専門調査会及び第15回「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係るタスク・フォースの合同開催について(1月31日開催)

一般傍聴、報道関係傍聴は、各開催案内の説明に従ってお申し込み下さい。

新着情報

 




【平成31年2月12日】
 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動運転」ニュータウンにおける自動運転サービスの実証調査を実施します! (移動ページ)

国土交通省・内閣府では、高齢者等のモビリティ確保の観点から、ニュータウンにおける公共交通ネットワークへの自動運転サービスの社会実装に向け、以下の地区・日程において、自動運転車両を用いた実証実験を行います。





【平成31年2月12日】
 「SIP防災シンポジウム2019」の開催について Society 5.0を目指して、防災は新たなステージへ (移動ページ)

シンポジウムでは、SIP「レジリエントな防災・減災機能の強化」の5年間の研究開発成果を報告するとともに、災害現場への実装に向けて行ってきた取り組みを紹介します。





【平成31年2月13日】
沖縄における自動運転バス実証実験の取材について(PDF:301KB)PDFを別ウィンドウで開きます

2月16日(土)に試乗会開始式を開催するとともに、報道機関の方々に自動運転バス実証実験の模様を取材頂ける機会を設ける予定です。





【平成31年2月4日】
共同プレスリリース~クルマは私に何を伝えようとしているのか~自動運転技術の日独共同研究の強化について

日独は、自動運転技術の研究活動の連携に積極的に取り組んできたところ、内閣府と独連邦教育研究省(BMBF)は、本年1月31日、高級事務レベルによるステアリング委員会を開催し、自動運転に関する「ヒューマンファクター」、「社会経済インパクト評価」の分野の共同研究計画を選定しました。




【平成31年1月22日】
東京臨海部実証実験の参加者募集について~SIP「自動運転(システムとサービスの拡張)」~

交通インフラからの信号情報や合流支援情報の提供などの走行環境に関する基盤技術について、一般道や首都高速道路といった公道等での実証実験を実施するため、実証実験の参加者募集を開始します。





【平成31年1月15日】
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」 プログラムディレクターの募集(PDF:443KB)PDFを別ウィンドウで開きます

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」 プログラムディレクターの募集します。




【平成31年1月8日】
沖縄における自動運転バスの実証実験の実施について~日本初の大型路線バスによる公道実証実験~

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」では、沖縄県で、大型路線バスでは日本初となる公道における自動運転バスの実証実験を1月8日(火)から開始することといたしました。




【平成30年12月27日】
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム「自動運転のある未来ショーケース あらゆる人に移動の自由を 」を開催

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムは、2月6日(水)、7日(木)、これまで5ヵ年にわたり産学官が連携して取り組んできた研究開発の成果を発信するため、「自動運転のある未来ショーケース あらゆる人に移動の自由を 」を開催いたします。




【平成30年12月18日】
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」平成30年度『ニュータウンにおける自動運転サービス』の実証調査地域決定

内閣府・国土交通省は、今年度実施する『ニュータウンを対象とした公共交通ネットワークへの自動運転サービス』の社会実装に向けた実証調査を広く公募し、この度実施主体を決定しました。




【平成30年12月4日】
公共交通システムの利用者の特性に応じた最適かつ安全な案内を目指す歩行者移動支援技術の開発について

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」では、交通制約者※を含むすべての人が、公共交通システムを利用して自由に移動できるようにすることを目指して、交通制約者の特性に応じた最適かつ安全な案内を可能とする歩行者移動支援技術を開発、ナビゲーションアプリを試作し、無償で公開しましたので、お知らせします。




【平成30年12月3日】
地方部における自動運転による移動サービス実用化に向けた環境整備 道の駅「かみこあに」において長期間の実証実験を開始

内閣府・国土交通省は、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動運転(システムとサービスの拡張)」における取組の1つとして、道の駅「かみこあに」(秋田県上小阿仁村)を拠点とした自動運転サービスについて、長期間の実証実験を12月9日(日)から開始します。


【平成30年11月13日】
東京臨海部実証実験の実施について~SIP「自動運転(システムとサービスの拡張)」~

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」では、自動運転の実用化の加速を図るため、2019年から、交通インフラからの信号情報や合流支援情報の提供などの走行環境に関する基盤技術について、一般道や首都高速道路といった公道等での実証実験を実施することとしております。


【平成30年11月12日】
第3回国立研究開発法人イノベーション戦略会議開催について

国立研究開発法人における取組成果や課題を共有し、産業界を交えて議論することで、さらなる研究力向上・産学連携の強化を図り、国立研究開発法人が中心となるイノベーションエコシステムの構築につなげます。