2021年度 イェール大学プログラム

大学支援フォーラムPEAKSでは、令和4年1月19日から2月21日まで、イェール大学と共同で開発したオリジナルプログラムである「イェール大学プログラム」を実施いたしました。

新着情報

令和3年10月11日
「2021年度 イェール大学プログラム」の公募を開始しました。
令和3年12月3日
 イェール大学プログラムの受講者が決定しました。
令和4年1月15日
 イェール大学プログラム 国内事前研修を実施しました。
令和4年1月19日
 イェール大学とのオンラインプログラムが開始しました。
令和4年2月21日
 イェール大学とのオンラインプログラムが終了しました。

イェールプログラム 最終振り返りの様子
(イェールプログラム 最終振り返りの様子)

公募について

今年度のプログラムは終了しました。(以下、PDFは公募時点のものであり、実際のプログラムとは異なる点があります。)

国内事前研修

令和4年1月15日(土)、国内事前研修を実施しました。当初は会場実施を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染症オミクロン株の流行まん延状況に鑑み、全てのプログラムをオンラインで実施しました。

当日は、「オリエンテーション、自己紹介」において、イェール大学プログラム全体の概要を説明した後、受講者による自己紹介を行った。その後、イェール大学をはじめとした米国のトップ大学の特筆すべき取り組みや課題についての講義や、日本のスタートアップ・エコシステムについての講義があった。最後に、イェールプログラムの11のテーマについて、各グループに分かれてグループワークを行った。受講生は、オンライン上ではあるものの、活発な質疑応答やグループワークを通じて、受講生同士のコミュニケーションを深めました。なお、令和2年度受講生(9名)も講義やグループワークに参加し、令和3年度受講生と交流を行いました。

<当日のプログラム>
当日のプログラム

プログラム内容

令和4年1月19日(水)から2月21日(月)まで、イェールプログラムを実施しました。本プログラムにおいて受講生は、オンデマンド教材を事前に受講したうえで、オンラインによるライブディスカッション(11テーマ)に参加し、2回の振り返り(中間・最終)では受講者間で意見交換をし、計13日間の学習を行いました。

<13日間のプログラム>
13日間のプログラム

受講生を対象としたアンケート結果

イェール大学プログラムの全課程修了後、次年度以降の海外プログラムの実施に向けたプログラム内容と運営の改善を主な目的として、イェール大学プログラムの受講生を対象としたアンケートを実施しました。
総じて満足度、理解度は非常に高く、また、昨年度からの改善点も効果的に働いたことが確認できる結果となり、多くの受講生から「今後の示唆となる知識が得られた」「他の受講生から多くの刺激を受けた」といった前向きな意見をいただきました。

2020年度受講生の声

2020年度受講生へのインタビューはこちら

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)

内閣府法人番号 2000012010019