地方部における自動運転による移動サービス実用化に向けた環境整備 道の駅「かみこあに」において長期間の実証実験を開始


平成30年12月3日
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)
プレスリリース

内閣府・国土交通省は、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動運転(システムとサービスの拡張)」における取組の1つとして、道の駅「かみこあに」(秋田県上小阿仁村)を拠点とした自動運転サービスについて、長期間の実証実験を12月9日(日)から開始します。

内閣府・国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、平成29年度より実証実験を行っています。

このうち、道の駅「かみこあに」を拠点とした自動運転サービスについては、平成29年12月3日(日)から12月10日(日)の8日間、実証実験を実施し、道路・交通への影響や社会受容性、地域への効果などについて検証を行ったところです。

今般、SIP第2期(システムとサービスの拡張)で進める「地方部における自動運転による移動サービス実用化に向けた環境整備」の取組の1つとして自動運転に対応した道路空間の基準等の整備、地域の実情に応じた運行管理システムやビジネスモデルの構築に向け、道の駅「かみこあに」において長期間(36日間)の実証実験を行うこととしましたので、お知らせします。

   1.実験期間:平成30年12月9日(日)~平成31年2月1日(金)(平成30年12月22日(土)~平成31年1月9日(水)の年末年始を除く)

   2.実験ルート :堂川地区集会所・福館地区交流センター~上小阿仁診療所~道の駅「かみこあに」

   3.体験試乗会の開催:実験開始日 平成30年12月9日(日)11:00~
       場所:上小阿仁村生涯学習センター 多目的ホール
       内容:体験試乗 等

詳細は国土交通省プレスリリースページをご覧ください。

問合せ先

自動運転技術の実証について
内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 SIP自動走行システム担当(古賀、竹馬、杉江、畑崎)
電 話:03-6257-1314(直通)
 FAX:03-3581-9969

秋田県上小阿仁村における実証実験について
国土交通省 東北地方整備局 道路部 交通対策課長(高橋)
電話:022-225-2171(内線:4511)
能代河川国道事務所 道路副所長 (木村)
電話:0185-70-1001(内線:205)