ムーンショット型研究開発制度のPM公募について


令和2年2月20日
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)

令和2年1月23日に第48回総合科学技術・イノベーション会議で決定されたムーンショット目標のうち、下記の5目標について、令和2年2月20日よりプロジェクトマネージャー(PM)の公募を開始しましたので、お知らせいたします。

ムーンショット目標1:2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

ムーンショット目標2:2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現

ムーンショット目標3:2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現

ムーンショット目標4:2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現

ムーンショット目標5:2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

ムーンショット目標6:2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現

リンク

※ムーンショット目標5については、別途、生物系特定産業技術研究支援センターからプログラムディレクターを公募いたします(令和2年2月21日予定)。本目標にかかるPMについては、別途、公募いたします(令和2年4月予定)。

問合せ先

 内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)ImPACT室 足海、山本
電話 :03-6257-1339(直通)