平成22年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況
平成23年度 交通安全施策に関する計画
(概要)

トピック

生活道路における最高速度規制の取り組みについて

市街地における車道幅員5.5メートル未満の道路での交通事故発生状況

市街地における車道幅員5.5メートル未満の道路での交通事故は平成22年中の全事故の18.2%を占めており,死亡事故では全死亡事故の6.8%を占めている。このような道路の多くは,地域住民の日常生活に使われる生活道路といわれる道路である。


生活道路の交通規制基準の見直し

警察庁では,平成21年に最高速度規制に係る交通規制基準の見直しを行い,生活道路については,「歩行者・車両の通行実態や交通事故の発生状況を勘案しつつ,住民,地方公共団体,道路管理者などの意見を十分に踏まえて,速度を抑えるべき道路を選定し,このような道路の最高速度は原則として30km/hとする」ことを定めた。


埼玉県川口市における生活道路の速度規制対策

埼玉県川口市では,平成18年に園児等が犠牲となる事故が発生したことなどもあり,市民の生活道路の安全確保に対する意識も高く,生活道路の最高速度規制について積極的な検討を行い,最高速度規制等の対策を講ずることとした。

<1>市主体による生活道路の速度規制要望路線の把握

川口市は,住民が最高速度30km/hの速度規制が必要と考えている生活道路を把握するため,市内の全町会を通じて速度規制の要望路線を取りまとめた。

<2>要望路線の調査

埼玉県警察では,速度規制の要望路線について,交通流量,走行速度,道路状況等の調査を実施し,最高速度30km/h規制を実施する道路を選定した。

<3>具体的対策の検討

選定した路線については,区間を定めて最高速度30km/hの交通規制を実施することとしたが,選定路線が集積し,幹線道路で囲まれている2地区(芝地区,西川口地区)については,区域による最高速度規制(ゾーン規制)を実施することとした。

また,最高速度30km/h規制を実施する道路は,歩行者の安全確保を図るため,路側帯の設置・拡幅を積極的に実施することとし,実施可能な2車線道路は中央線を抹消することにより,路側帯を設置・拡幅した。


対策前(中央線あり) 対策後(中央線を抹消し路側帯を設置:背板付き区域規制標識を設置)