平成22年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況

第1編 陸上交通

第2部 鉄道交通

第1章 鉄道交通事故の動向

1 近年の運転事故の状況

鉄道交通における運転事故は,長期的には減少傾向にあり,平成2年に1,382件であったものが,12年には936件,22年には870件となった(第1-40図)。22年は前年比3.1%増,列車走行100万キロメートル当たりでは0.65件で前年比3.2%増となった。


※ 運転事故
列車衝突事故,列車脱線事故,列車火災事故,踏切障害事故,道路障害事故,鉄道人身障害事故及び鉄道物損事故をいう。なお,軌道の運転事故は,鉄道運転事故と同様に定義する。


第1−40図 運転事故の件数と死傷者数の推移
▲CSVファイル

事故種類別の発生件数についてみると,踏切障害が311件(35.7%),人身障害445件(51.1%),道路障害104件(12.0%)であった(第1-31表)。


第1−31表 事故種類別の運転事故の発生状況

運転事故による死傷者数は760人(うち死亡者332人)で前年比8.6%増となった。


2 平成22年中の列車事故の状況

列車事故(運転事故のうち列車衝突事故,列車脱線事故及び列車火災事故をいう。)は8件(運転事故件数の0.9%)であり,前年比27.3%減であった。

列車事故を原因別にみると,係員の取扱誤りによるものが2件,踏切障害に伴うものが3件,自然災害によるものが3件である。


3 平成22年中の踏切事故の状況

踏切事故は,踏切保安設備の整備等により,長期にわたって減少傾向にあり,平成22年中に発生した踏切事故の件数は314件で前年比4.0%減であり,運転事故(870件)の約36.1%を占めた。この割合は,平成2年には57.2%であったものが12年には48.1%,22年には36.1%となり減少傾向にある。死傷者数は249人で前年比15.8%増となった(第1-41図)。


※ 踏切事故
列車事故のうち,踏切道において,列車又は車両が道路を通行する人又は車両等と衝突し,又は接触した事故及び踏切障害事故をいう。


第1−41図 踏切事故の件数と死傷者数の推移
▲CSVファイル

踏切事故の原因は,列車が通過する直前の横断等道路交通側にあるものがほとんどである。また,衝突した相手側としては,自動車が高い割合を示している(第1-42図)。


第1−42図 原因別・衝撃物別踏切事故発生件数(平成22年)
▲CSVファイル

また,踏切道の種類別にみると,発生件数では第1種が最も多いが,踏切道100か所当たりでは第1種が最も少なくなっている(第1-32表)。


第1−32表 踏切道種別の踏切事故発生件数

4 ホーム触車死傷事故の発生状況

人身障害事故におけるホーム触車死傷事故は,近年増加傾向にあり,平成22年中に発生した事故の件数は218件で前年比0.9%増であり,人身障害事故(445件)の49.0%を占めた。内訳は,ホーム上で列車等と接触した事故が155件,ホームから転落し列車等と接触した事故が63件となっている。

ホーム触車死傷事故は,酔客によるものが約6割を占めている(第1-43図)。


第1−43図 ホーム触車死傷事故の件数と死傷者数の推移
▲CSVファイル

5 平成22年中の鉄道交通における重大事故の発生状況

平成22年1月29日にJR北海道の函館線深川駅〜妹背牛駅間において,踏切道で列車が大型トラックと衝突,脱線し,乗客等45人が負傷した(第1-33表)。


第1−33表 重大事故一覧