内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017

内閣府オープンイノベーションチャレンジとは

  研究開発型中小・ベンチャー企業(以下「中小・ベンチャー企業」という。)は、機動性に富みスピード感あるイノベーションの担い手として期待され、我が国の科学技術振興や産業基盤の国際競争力強化の観点からも、中小・ベンチャー企業の創出や育成の強化が求められています。

  一方、国が実施する調達や研究開発においては、現状の予算や人材等のリソース面での制約が今後厳しくなり、現場の省力化や生産性の向上といったニーズが更に高まると考えられ、新しい技術や着想を発掘し活用していくことが従来にも増して重要とされております。

  内閣府オープンイノベーションチャレンジとは、上記を踏まえ、スピード感あるイノベーションを起こすために、国の機関が有する具体的ニーズに対応した中小・ベンチャー企業の新たな技術や着想を積極的に発掘し、社会実装(事業化)していくことを目的とした内閣府における中小・ベンチャー企業を対象とした公募事業のことです。

主な事業内容

  国が実施する調達や研究開発における現場の具体的ニーズを基に募集テーマを設定し、フェーズ1として以下のことを行います。

  1. 募集テーマに対するアイデアを基にした技術とその技術を幅広く展開するためのビジネスモデル等の提案を行い、内閣府が設置する技術審査委員会で提案内容を審査します。
  2. 応募者には、審査を通過した提案内容について、内閣府が準備するアドバイザーによる助言を受けながら実現可能性調査(F/S)を行って頂きます。
  3. F/Sの後、ピッチイベントに参加頂き、主契約企業等(入札資格を有する企業、業界大手企業、大学及び研究機関等)とのマッチングにチャレンジして頂きます。

※今回の公募開始は、フェーズ1に関するものです。フェーズ2では、ピッチイベントを通じてマッチングした主契約企業等と共に共同研究開発等を行い、提案された技術やビジネスモデル等の実現、事業化を目指すことを想定しており、国等による支援の実施有無も含めて検討中です(平成29年10月現在)。

※ピッチイベントは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とオープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)が共催するNEDOピッチと連携して実施する予定です。

募集テーマ

今回の取組は、警察庁、消防庁及び海上保安庁が有する現場の具体的ニーズを基に募集テーマを設定しています(公募要領の別紙2参照)。

公募要領、公募期間

以下の公募要領に従ってお申込みをお願いします。

公募期間:平成29年10月25日(水)~平成29年11月27日(月)17:00まで

提出書類、提出期限

提出書類の様式は、以下の事前登録用URL(内閣府意見登録システム)から取得できます。事前登録用URLに必要事項を記入して登録すると、後日、事務局より応募書類の様式等をメールにて送付します。

提出期限:平成29年11月27日(月)17:00必着

公募説明会

公募説明会は終了いたしました。ご説明に用いた資料を下記に添付しておりますので、ご覧ください。

問合せ先

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)オープンイノベーション担当
電話:03-5253-2111(代表)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)