第1章 高齢化の状況 

(7)地域で孤立する高齢者の安全をどう確保していくのか

 バリアフリー施策や犯罪被害者対策を講じてきたこともあり、高齢者が安心して活動できる環境も整ってきている。
 しかしながら、高齢者を被害者とするオレオレ詐欺やリフォーム詐欺などの犯罪や高齢者を被害者とする消費者トラブルは後を絶たず、その防止が急務である。こうした犯罪等について高齢者が被害者となっているケースでは、当該高齢者が身近に相談相手がいない、的確な情報が入手できていないなど、高齢者が地域で孤立していることが多く見られる。このため、高齢者が被害者となることを未然に防止するためには、高齢者を地域で孤立させないことが必要である。

 第3節 前例のない高齢社会に向けた対策・取組の方向性

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む