[目次]  [戻る]  [次へ]

第1章 高齢化の状況

第1節 高齢化の状況

5 高齢化の国際的動向

(1)今後半世紀で世界の高齢化は急速に進展

平成22(2010)年の世界の総人口は69億1,618万人であり、72(2060)年には99億5,740万人になると見込まれている。

総人口に占める65歳以上の人の割合(高齢化率)は、昭和25(1950)年の5.1%から平成22(2010)年には7.7%に上昇しているが、さらに72(2060)年には17.6%にまで上昇するものと見込まれており、今後半世紀で高齢化が急速に進展することになる(表1-1-12)。

表1-1-12 世界人口の動向等
  1950年(昭和25年) 2010年(平成22年) 2060年(平成72年)
総人口 2,525,779 千人 6,916,183 千人 9,957,399 千人
65歳以上人口 128,427 千人 530,507 千人 1,748,171 千人
先進地域 62,659 千人 199,437 千人 345,128 千人
開発途上地域 65,768 千人 331,069 千人 1,403,043 千人
65歳以上人口比率 5.1 % 7.7 % 17.6 %
先進地域 7.7 % 16.1 % 26.5 %
開発途上地域 3.8 % 5.8 % 16.2 %
平均寿命(男性) 45.9 年 66.5 年 75.1 年
同(女性) 47.9 年 71.0 年 79.5 年
合計特殊出生率 5.0 2.5 2.2
資料:UN, World Population Prospects: The 2012 Revision
(注1)平均寿命及び合計特殊出生率は、1950-1955年、2005-2010年、2055-2060年
(注2)先進地域とは、ヨーロッパ、北部アメリカ、日本、オーストラリア及びニュージーランドからなる地域をいう。
開発途上地域とは、アフリカ、アジア(日本を除く)、中南米、メラネシア、ミクロネシア及びポリネシアからなる地域をいう。

(2)我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えている

先進諸国の高齢化率を比較してみると、我が国は1980年代までは下位、90年代にはほぼ中位であったが、平成17(2005)年には最も高い水準となり、世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎えている。

また、高齢化の速度について、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍化年数)によって比較すると、フランスが126年、スウェーデンが85年、比較的短いドイツが40年、イギリスが46年であるのに対し、我が国は、昭和45(1970)年に7%を超えると、その24年後の平成6(1994)年には14%に達している。このように、我が国の高齢化は、世界に例をみない速度で進行している。

アジア諸国についてみると、今後、急速に高齢化が進み、特に韓国においては、我が国を上回るスピードで高齢化が進行し、平成17年(2005)に9.3%であったものが72(2060)年には37.0%にまで達すると見込まれている。

地域別に高齢化率の今後の推移をみると、これまで高齢化が進行してきた先進地域はもとより、開発途上地域においても、高齢化が急速に進展すると見込まれている(図1-1-13)。

図1-1-13 世界の高齢化率の推移
[目次]  [戻る]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)