内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  高齢社会対策  >  高齢社会白書  >  平成26年版高齢社会白書(全体版)  >  第1章 第2節 5 高齢者の社会参加活動

[目次]  [前へ]  [次へ]

第1章 第2節 5 高齢者の社会参加活動

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

5 高齢者の社会参加活動

(1)高齢者のグループ活動

ア 60歳以上の6割がグループ活動に参加している

自主的なグループ活動への参加状況についてみると、60歳以上の高齢者のうち61.0%(平成25(2013)年)が何らかのグループ活動に参加しており、10年前(15(2003)年)と比べると6.2ポイント、20年前(5(1993)年)に比べると18.7ポイント増加している。

具体的な活動についてみると、「健康・スポーツ」(33.7%)、「趣味」(21.4%)、「地域行事」(19.0%)の順となっており、特に「健康・スポーツ」は10年前に比べ8.4ポイント、20年前に比べ14.8ポイント増加している(図1-2-5-1)。

イ グループ活動に参加してよかったことは「新しい友人を得ることができた」、「生活に充実感ができた」

自主的なグループ活動に参加している高齢者が活動全体を通じて参加してよかったことは、「新しい友人を得ることができた」(48.8%)が最も多く、次いで「生活に充実感ができた」(46.0%)、「健康や体力に自信がついた」(44.4%)の順となっている。

男女別にみると、男性では「地域社会に貢献できた」(32.7%)が、女性では「お互いに助け合うことができた」(37.2%)が4番目に多い(図1-2-5-2)。

ウ 参加したい団体は「趣味」のサークル・団体、参加している団体は「町内会・自治会」

高齢者が参加したい団体は「趣味のサークル・団体」(31.5%)が最も多く、次いで「健康・スポーツのサークル・団体」(29.7%)となっている。

一方で、参加している団体をみると、「町内会・自治会」(26.7%)が最も多く、約4人に1人が参加している。

「町内会・自治会」については、「参加している」(26.7%)が「参加したい」(20.6%)を6.1ポイント上回っている(図1-2-5-3)。

(2)高齢者の学習活動

ア 生涯学習を行っている高齢者は5割以上、内容は「健康・スポーツ」、「趣味的なもの」

高齢者の生涯学習への参加状況についてみると、この1年くらいの間に生涯学習をしたことのある人は、60代でも70歳以上でも5割以上であった。内容は、「健康・スポーツ」が60代で31.7%、70歳以上で28.8%と最も多かった(図1-2-5-4)。

イ 生涯学習を行っていない理由は、60代では「仕事」

生涯学習を行っていない理由をみると、60代では「仕事が忙しくて時間がない」(40.8%)が最も多く、次いで「きっかけがつかめない」(20.9%)となっている。70歳以上では「特に必要がない」(19.8%)が最も多い(図1-2-5-5)。

(3)高齢者の世代間交流

ア 約6割の高齢者が若い世代との交流に参加したいと考えている

高齢者の若い世代との交流の機会への参加意向についてみると、参加したいと考える人の割合(「積極的に参加したい」、「できるかぎり参加したい」と回答した人の合計)は平成25(2013)年で59.9%となっており、10年前(15(2003)年)に比べると7.2ポイント増加している(図1-2-5-6)。

イ 世代間交流を促進するための必要条件は「交流機会の設定」

高齢者が世代間の交流を促進するために必要だと思うことをみると、「交流機会の設定」(31.7%)が最も多く、次いで「高齢者が参加しやすくなるための交通機関の整備など」(28.9%)となっている(図1-2-5-7)。

[目次]  [前へ]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)