第1章 高齢化の状況(第2節 4)

[目次]  [前へ]  [次へ]

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向(4)

4 高齢者の就業

(1)労働力人口に占める高齢者の比率は上昇

平成28(2016)年の労働力人口は、6,673万人であった。労働力人口のうち65~69歳の者は450万人、70歳以上の者は336万人であり、労働力人口総数に占める65歳以上の者の割合は11.8%と上昇し続けている(図1-2-4-1)。

また、平成28(2016)年の労働力人口比率(人口に占める労働力人口の割合)をみると、65~69歳では44.0%となっており、平成16(2004)年(34.4%)で底を打った後、上昇傾向である。70歳以上は13.8%であり、おおむね14%で推移している(図1-2-4-2)。

(2)高齢者の就業状況

ア 「働けるうちはいつまでも」働きたい高齢者が約4割

現在仕事をしている高齢者の約4割が「働けるうちはいつまでも」働きたいと回答。70歳くらいまでもしくはそれ以上との回答と合計すれば、約8割が高齢期にも高い就業意欲を持っている様子がうかがえる(図1-2-4-3)。

イ 60歳を過ぎても働く人が多い

高齢者の就業状況についてみると、男性の場合、就業者の割合は、55~59歳で90.3%、60~64歳で77.1%、65~69歳で53.0%となっており、60歳を過ぎても、多くの人が就業している。他方、60~64歳の3.2%、65~69歳の1.8%が完全失業者である。また、女性の就業者の割合は、55~59歳で69.0%、60~64歳で50.8%、65~69歳で33.3%となっている(図1-2-4-4)。

ウ 就業者に占める65歳以上の割合は増加

全産業の就業者数の推移をみると、平成28(2016)年時点で全就業者数(6,465万人)のうち、60~64歳の者は8.1%、65~69歳の者は6.8%、70歳以上は5.1%となっており、就業者に占める高齢者の割合は増加傾向である(図1-2-4-5)。

エ 65歳以上の非正規の職員・従業員の割合は7割以上

会社などの役員を除く65歳以上の雇用者について雇用形態をみると、非正規の職員・従業員は多く、かつ、増加傾向である。平成28(2016)年では正規の職員・従業員が99万人に対して、非正規の職員・従業員が301万人であり、役員を除く雇用者に占める非正規の職員・従業員の割合は75.3%となっている(図1-2-4-6)。

男性の場合、非正規職員・従業員の比率は55~59歳で12.8%であるが、60~64歳で53.6%、65~69歳で72.1%と、60歳を境に大幅に上昇している。一方、女性の場合、同比率は55~59歳で60.2%、60~64歳で76.0%、65~69歳で81.5%となっており、男性と比較して上昇幅は小さいものの、やはり60歳を境に非正規職員・従業員比率は上昇している(図1-2-4-7)。

オ 希望者全員が65歳以上まで働ける企業は7割以上

従業員31人以上の企業約15万社のうち、高齢者雇用確保措置3の実施済企業の割合は99.5%(152,275社)となっている。また、希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合は74.1%(113,434社)となっている(図1-2-4-8)。


(注3)「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」では65歳までの安定した雇用を確保するため、企業に「定年制の廃止」、「定年の引き上げ」、「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置を講じるよう義務付けている。
カ 継続雇用者の雇用形態は「自社の正社員以外」が68.7%

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によれば、調査対象となった継続雇用制度を持っている企業に、継続雇用者の雇用形態について尋ねたところ、68.7%の企業が「自社の正社員以外(嘱託・契約社員・パート等)」、45.8%の企業が「自社の正社員」の雇用形態を取っているという結果だった。(図1-2-4-9)。

表1-2-4-9 継続雇用者の雇用形態(複数回答)
(単位:%)
自社の正社員 自社の正社員以外
(嘱託・契約社員・パート等)
グループ・関連会社
の正社員
グループ・関連会社
の正社員以外
その他 無回答
45.8 68.7 4.7 8.6 0.7 1.6
資料:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「高年齢社員や有期契約社員の法改正後の活用状況に関する調査」(2014)
(注)常用雇用者50人以上を雇用している全国の民間企業に対する調査。回答時点で雇用者規模が50人未満であった企業が含まれる。有効回収数は7,179件。

(3)高齢者の雇用情勢は改善傾向

高齢者の雇用情勢をみると、平成20(2008)年から22(2010)年は経済情勢の急速な悪化を受けて60~64歳の完全失業率は上昇していたが、平成22(2010)年をピークに低下し、28(2016)年は60~64歳の完全失業率は3.2%と、15歳以上の全年齢計(3.1%)と同水準となった(図1-2-4-10)。

[目次]  [前へ]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)