平成17年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況、平成18年度 交通安全施策に関する計画(概要)




 I 現況の概要 

第1編 陸上交通

第1部 道路交通

第1章 道路交通事故の動向

1 道路交通事故の長期的推移



道路交通事故による交通事故発生件数、死傷者数及び死者数の推移

 (1) 交通事故死者数は,昭和45年に史上最悪の1万6,765人を記録した。
 (2) 昭和45年に交通安全対策基本法が制定され,同法に基づき,46年度以降交通安全基本計画を5年ごとに策定し,交通安全対策を総合的・計画的に推進してきた。
 (3) 昭和46年以降,交通事故死者数は着実に減少を続け,54年には8,466人にまで減少した。その後増勢に転じたが,平成4年を境に再び減少に転じている。
 (4) 平成17年の死者数は6,871人となり,昭和31年以来49年ぶりに6千人台まで減少した。また,事故発生件数は93万3,828件,死傷者数は116万3,504人と,3年ぶりに前年を下回った。

2 平成17年中の道路交通事故の状況

 ○ 概況
○ 事故発生件数 93万3,828件 (前年比△1万8,363件,△1.9%)
○ 死傷者数 116万3,504人 (前年比△2万6,974人,△2.3%)
○ うち負傷者数 115万6,633人 (前年比△2万6,487人,△2.2%)
○ うち死者数(24時間) 6,871人 (前年比△487人,△6.6%)

(30日以内死者数では7,931人

(前年比△561人,△6.6%))
  近年,死者数が減少した要因としては,基本的には,道路交通環境の整備,交通安全思想の普及徹底,安全運転の確保,車両の安全性の確保,道路交通秩序の維持,救助・救急体制等の整備等,交通安全基本計画に基づく諸対策を,総合的に推進してきたことによるが,定量的に示すことができる主な要因としては,(1)シートベルト着用者率の向上,(2)事故直前の車両速度の低下,(3)飲酒運転の厳罰化等悪質・危険運転者対策の効果等が挙げられる。
@ シートベルト着用率及び致死率(自動車乗車中)の推移

 

A 危険認知速度別交通事故件数(一般道路)及び死者数の推移

 

B 原付以上運転者(第1当事者)の飲酒別死亡事故件数の推移

 ○ 年齢層別交通事故死者数及び負傷者数
  (1) 死者数は,65歳以上の高齢者(2,924人)が13年連続で最も多く,全死者数に占める割合は40%を超えている。また,前年と比べると,すべての年齢層で減少している。
  (2) 負傷者数は,30〜39歳(22万624人)と16〜24歳(21万9,270人)が多い。また,前年と比べると,16〜24歳(1万1,236人減)と25〜29歳(7,356人減)が特に減少し,40〜49歳(1,593人増)が増加した。

年齢層別交通事故死者数の推移

 

年齢層別交通事故負傷者数の推移

 ○ 状態別交通事故死者数及び負傷者数
  (1) 死者数は,自動車乗車中が2,722人と最も多く,全交通事故死者数の39.6%を占めたが,前年と比べると大幅に減少した。
  (2) 負傷者数は,自動車乗車中が72万2,889人と最も多く,全負傷者数の62.5%を占めた。

状態別交通事故死者数の推移

 

状態別交通事故負傷者数の推移

 ○ シートベルト着用の有無別死者数
  (1) 自動車乗車中の死者数をシートベルト着用の有無別にみると,非着用は1,410人で,前年に比べて182人(11.4%)減少した。
  (2) 着用者の致死率(死傷者数に占める死者数の割合)は,非着用者の致死率の約10分の1である。

シートベルrト着用の有無別自動車乗車中死者数の推移

 

シートベルト着用の有無別死者率及び自動車乗車中死傷者のシートベルト着用率の推移

 ○ チャイルドシート着用の有無別死者数
   6歳未満幼児の自動車同乗中の死者数は,21人であり,重傷者は174人であった。
   6歳未満幼児の自動車同乗中の致死率及び死亡重傷率をチャイルドシートの着用有無別にみると,非着用者の致死率は着用者の約3.1倍,死亡重傷率は約1.9倍となった。
 ○ 第1当事者の交通死亡事故発生件数
   自動車運転者が第1当事者(交通事故の当事者のうち,過失が最も重い者又は過失が同程度の場合は被害が最も軽い者をいう。)となった死亡事故件数を運転者の年齢別にみると,65歳以上の高齢者はほぼ一貫して増加しており,17年には元年の約3倍に増加した。

 

自動車(第1当事者)運転者の若者・高齢者別死亡事故発生件数の推移

-

第2章 道路交通安全施策の現況

もどる