内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通安全白書  >  平成28年交通安全白書(全文)  >  平成28年度 交通安全施策に関する計画  >  第1部 陸上交通の安全についての施策 第1章 道路交通の安全についての施策 第5節 道路交通秩序の維持

第1部 陸上交通の安全についての施策 第1章 道路交通の安全についての施策
第5節 道路交通秩序の維持

目次]  [前へ]  [次へ

交通ルール無視による交通事故を防止するためには,交通指導取締り,交通事故事件捜査,暴走族取締り等を通じ,道路交通秩序の維持を図る必要がある。

このため,交通事故実態の分析結果等に基づき,死亡事故等重大事故に直結する悪質性・危険性の高い違反及び迷惑性が高く地域住民からの取締り要望の多い違反に重点を置いた交通指導取締りを推進する。

また,赤色灯を点灯させたパトカー等による警戒活動や通学時間帯,薄暮時間帯における街頭活動を推進するほか,交通事故抑止対策について国民の理解を深めるため,取締りの方針や効果の情報発信に努めるなど,交通事故抑止に資する取組を推進する。

このほか,速度取締りに関し,取締りスペースの確保が困難な道路や警察官の配置が困難な時間帯において取締りが行えるよう,新たな速度取締り機器の導入を図る。

加えて,事故原因の徹底究明を求める国民の意識の高まり等を踏まえ,適正かつ緻密な交通事故事件捜査を推進するため,捜査体制及び装備資機材等の充実強化を図る。また,交通事故事件等の捜査においては,初動捜査の段階から自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(平25法86)第2条又は第3条(危険運転致死傷罪)の立件も視野に入れた捜査の徹底を図る。

さらに,暴走族等対策を強力に推進するため,関係機関・団体が連携し,地域ぐるみでの暴走族追放気運の高揚に努め,暴走行為をさせない環境づくりを推進するとともに,取締り体制及び装備資機材の充実強化を図る。


  1. 交通指導取締りの強化等
  2. 交通事故事件等に係る適正かつ緻密な捜査の一層の推進
  3. 暴走族等対策の強化

目次]  [前へ]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)