内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  日本の勲章・褒章

日本の勲章・褒章

勲章・褒章-称えられる栄誉のしるし

画像:大勲位菊花章頸飾   栄典は、国家又は公共に対し功労のある方、社会の各分野における優れた行いのある方などを表彰するもので、勲章及び褒章があります。春秋叙勲及び褒章、文化勲章などは、マスコミでも毎回大きく報道されています。

   内閣府賞勲局では、栄典制度の調査、研究、企画業務のほか、春秋叙勲等における勲章等の授与の審査などの栄典に関する事務を行っています。

勲章のはなし 国が功労を表彰するということ(政府広報オンライン)別ウインドウで開きます

勲章と褒章「時代の変化に対応した授与の見直し」(PDF形式:1.62MB)別ウインドウで開きます

最近のトピックス

平成29年5月16日
アルゼンチン共和国マクリ大統領の訪問(公式実務訪問賓客)に伴う儀礼叙勲
平成29年4月29日
平成29年春の叙勲、平成29年春の外国人叙勲、第28回危険業務従事者叙勲(平成29年4月発令)及び平成29年春の褒章が発令されました。
平成29年3月31日
スペイン王国国王フェリペ六世陛下及び同王妃陛下の訪問(国賓)に伴う相互儀礼叙勲
平成29年3月10日
サウジアラビア王国国王サルマン陛下の訪問(公式実務訪問賓客)に伴う儀礼叙勲
平成28年11月8日
写真で見る栄典:「平成28年秋の叙勲大綬章勲章親授式・重光章勲章伝達式」
平成28年9月16日
「栄典授与の中期重点方針」を閣議了解しました。

映像で見る栄典

画像:新しい叙勲・褒章    時代の変化に応じ より国民に親しまれる 「新しい叙勲・褒章」(政府インターネットテレビ) 別ウインドウで開きます
   明治以来の長い歴史と伝統を有している我が国の「栄典制度」。平成15年に大きな制度改正が行われましたが、時代の変化に応じ、より国民に親しまれる叙勲・褒章を目指すため、平成28年に見直しが行われました。今回の見直しにより、新たに定められた「栄典授与の中期重点方針」に基づいた運用が始まっています。

写真で見る栄典

画像:大綬章親授式 平成28年11月8日(火曜日)
   平成28年秋の叙勲大綬章勲章親授式・重光章勲章伝達式

   平成28年11月8日、宮中において、「平成28年秋の叙勲大綬章勲章親授式」及び「平成28年秋の叙勲重光章勲章伝達式」が執り行われました。
【写真:大綬章勲章親授式©宮内庁】


関連情報

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)