目次]  [戻る]  [次へ

2.卒業後の進路

(1) 特別支援学校高等部卒業後の進路

特別支援学校高等部(本科)の卒業生(平成24年3月末)の主要な進路については、主たる障害種別にみると、視覚障害では社会福祉施設等入所・通所(43.3%)、進学(31.5%)、聴覚障害では進学(41.6%)、就職(32.7%)、知的障害では社会福祉施設等入所・通所(66.7%)、就職(28.4%)、肢体不自由では社会福祉施設等入所・通所(80.4%)、病弱・身体虚弱では社会福祉施設等入所・通所(60.9%)となっている。

■ 図表1-18 特別支援学校高等部(本科)卒業者の状況─国・公・私立計─(平成24年3月卒業者)
区分 卒業者 進学者 教育訓練機関等入学者 就職者 社会福祉施設等入所・通所者 その他
A 大学等 専攻科等 計B B/A(%) 専修学校 各種学校 職業能力開発校 計C C/A(%) D D/A(%) E E/A(%) F F/A(%)
単位          
視覚障害 330 33 71 104 31.5% 3 9 12 3.6% 36 10.9% 143 43.3% 35 10.6%
聴覚障害 529 100 120 220 41.6% 9 2 28 39 7.4% 173 32.7% 73 13.8% 24 4.5%
知的障害 13,541 2 70 72 0.5% 11 4 233 248 1.8% 3,842 28.4% 9,029 66.7% 350 2.6%
肢体不自由 2,785 40 2 42 1.5% 18 4 77 99 3.6% 293 10.5% 2,238 80.4% 113 4.1%
病弱・身体虚弱 522 31 2 33 6.3% 28 2 17 47 9.0% 76 14.6% 318 60.9% 48 9.2%
17,707 206 265 471 2.7% 69 12 364 445 2.5% 4,420 25.0% 11,801 66.6% 570 3.2%
注1: 大学等…大学学部・短期大学本科及び大学・短期大学の通信教育部・別科
2: 専攻科…特別支援学校高等部専攻科、高等学校専攻科
3: 職業能力開発…職業能力開発校、障害者職業能力開発校等
4: 社会福祉施設等入所・通所者…児童福祉施設、障害支援施設等、更生施設、授産施設、医療機関
5: 就職しながら進学した者、入学した者は、進学者及び教育訓練機関等入学者のいずれかに計上している。
6: 四捨五入のため、各区分の比率の計は必ずしも100%にならない。
(2) 大学等の受験

国公私立の4年制大学や短期大学の平成24年度の入学試験において、障害に対する配慮を受けた受験者数は、視覚障害者169名、聴覚障害者630名、肢体不自由者427名、発達障害者115名、その他(言語障害者、病弱者等)614名となっている。受験に際して行われた配慮としては、視覚障害では弱視者用の拡大版の文字問題や解答用紙の準備、点字受験等に伴う別室受験や試験時間の延長など、聴覚障害では指示事項の文書による伝達、補聴器の使用など、肢体不自由やその他では車いすの使用、別室受験、乗用車での入構など、発達障害では別室受験や試験時間の延長などであった。

■ 図表1-19 入学試験における配慮状況(受験者数)
単位:人
  視覚障害 聴覚障害 肢体不自由 発達障害 その他 合計
大学 167 614 412 112 606 1,911
短大 2 16 15 3 8 44
169 630 427 115 614 1,955
注: 数値は延べ数である。
資料: 文部科学省大学入試室調べ(平成24年度)
(障害のある大学生等の数については、89ページに掲載。)
目次]  [戻る]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)