研究DX(デジタル・トランスフォーメーション)

研究交流のリモート化や研究設備・機器への遠隔からの接続、データ駆動型研究の拡大など、世界的に研究活動のデジタル・トランスフォーメーション(研究DX)の流れが加速しています。
研究DXを通じてより付加価値の高い研究成果を創出するため、次のような取り組みを行っています。
 (1)信頼性のある研究データの適切な管理・利活用促進のための環境整備
 (2)研究DXを支えるインフラ整備と高付加価値な研究の加速
 (3)研究DXが開拓する新しい研究コミュニティ・環境の醸成

第6期科学技術・イノベーション基本計画 抜粋

「新たな研究システムの構築(オープンサイエンスとデータ駆動型研究等の推進)」における目標
オープン・アンド・クローズ戦略に基づく研究データの管理・利活用、世界最高水準のネットワーク・計算資源の整備、設備・機器の共用・スマート化等により、研究者が必要な知識や研究資源に効果的にアクセスすることが可能となり、データ駆動型研究等の高付加価値な研究が加速されるとともに、市民等の多様な主体が参画した研究活動が行われる。
 関係箇所抜粋(PDF形式:536KB)PDFを別ウィンドウで開きます

統合イノベーション戦略2021

 関係箇所抜粋(PDF形式:42KB)PDFを別ウィンドウで開きます

公的資金による研究データの管理・利活用

先進的データマネジメント導入事例:ムーンショット型研究開発制度

参考