総合知の活用事例の募集【募集要項】

募集の趣旨

 総合知を活用した取組事例を発掘し、ポータルサイトで発信することにより、総合知の考え方の普及および総合知を活用した取組を推進し、科学技術・イノベーションの力を高めることを目指します。

募集対象

 専門領域の枠にとらわれない多様な知を持ち寄り、新たな価値の創出を目指す研究・技術開発(技術開発に基づく製品開発等を含む)を募集します。
 ここで、新たな価値の創出を目指すとは、国民の安全安心の確保や一人ひとりの多様な幸せ(well-being)の最大化に向けた未来像を描き、さらに未来像を実現するための具体的な手段を見出すことなどを意味します。
 ※既に成果が出た取組のみならず、成果を上げつつある進行中の取組についても対象となります。

募集対象とする研究・技術開発の例

「「総合知」の基本的考え方及び戦略的に推進する方策 中間とりまとめ」P.32~43に記載の総合知の活用事例として、具体的には次の様な人や社会の課題解決に向けた取り組みの例が挙げられています。

  • 地域企業・自治体・市民・大学が連携して取り組む、地域を活性化するモビリティシステムの社会実装
  • 心理学や生理学の知を活用した、リラックス空間創出のための新規商品開発
  • 人々が個人の身体の制約を超えて経験や技能を流通・共有・拡張し、より多様で豊かな人生を送ることが可能になるアバター技術開発

応募の方法

自薦他薦を問わない公募方式です。自薦他薦いずれの場合であっても、応募前に応募対象プロジェクト等の参加者全員から応募の承諾を得てください。
 ○応募に必要な情報
  (1)取組の名称
  (2)概要(400字程度)
    研究の目的、新たな価値の創出のために多様な知をどのように活用したか(するか)、が分かるように記載してください。
  (3)連絡先
  (4)説明スライド(1~2枚)
   「中間とりまとめ」に記載の総合知の活用事例なども参考に、応募案件の目的や総合知の活用状況などが一目で分かるように、
    図、イラスト、写真なども活用し、作成をお願いします。
投稿フォームで必要事項(上記の(1)~(3))を入力し、送信してください。科学技術・イノベーション推進事務局から受付確認メールを送信いたしますので、そのメールに指定された宛先に、(4)を添付したメールを送信してください。その際、スライドの内容を内閣府のホームページや公開資料で使用することの承諾をいただきます。

募集締め切り

2022年11月30日(水)

応募者に必要な資格

・国籍は問わない
・禁固刑以上の刑歴がないこと
・反社会的勢力又はそれに関わる者との関与がないこと

禁止事項

以下に該当する、または該当する恐れのある内容を含む取組は対象外とします。
・著作権や、肖像権、その他知的財産権を侵害するもの
・差別、誹謗中傷、脅迫、あるいはプライバシー、人権等を侵害するもの
・その他法律、法令、公序良俗に反する、またはそのおそれのあるもの
・企業、商品等の宣伝又は政治目的、宗教勧誘等、勧誘を意図するもの

【応募の流れ・選考方法】

応募された取組は、科学技術・イノベーション推進事務局において事前審査を行った後、総合科学技術・イノベーション会議有識者議員懇談会の選考を経て、有識者議員懇談会において総合的に判断し、選考します。

 [公募]
・応募者は、投稿フォームより必要事項を記入し、送信
 (連絡先、取組の名称、概要など)
・募集期間 募集開始より2022年11月末まで
矢印
 [受付]
・科学技術・イノベーション推進事務局から受付確認メールを返信
 → 応募者は、紹介スライド(1~2枚)をメールに添付して送信
矢印
 [事前審査](募集期間修了後1か月程度)
・科学技術・イノベーション推進事務局にて事前審査
(募集の趣旨、募集対象、募集資格の各要件に合致しているかの判断)
矢印
 [選考]
・総合科学技術・イノベーション会議 有識者議員懇談会にて選考
  総合知の理解を深める事例として適当か、総合的に判断します。
・ポータルサイトへの掲載を決定