第1章 高齢化の状況

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

1 高齢者の家族と世帯

○高齢者のいる世帯は全体の4割、そのうち「単独世帯」・「夫婦のみの世帯」が過半数

・65歳以上の高齢者のいる世帯は増え続けており、平成21(2009)年現在、世帯数は2,013万世帯であり、全世帯(4,801万世帯)の41.9%を占める(図1−2−1)。

・三世代世帯は減少傾向である一方、単独世帯、親と未婚の子のみの世帯は増加傾向で、平成21(2009)年現在、単独世帯と夫婦のみの世帯をあわせると半数を超える。

図1−2−1 65歳以上の者のいる世帯数及び構成割合(世帯構造別)と全世帯に占める65歳以上の者がいる世帯の割合
○一人暮らし高齢者は増加傾向

・一人暮らし高齢者の増加は男女ともに顕著(図1−2−2)。

・一人暮らし高齢者が高齢者人口に占める割合は、昭和55(1980)年には男性4.3%、女性11.2%であったが、平成17(2005)年には男性9.7%、女性19.0%に上昇。今後は、特に男性の一人暮らし高齢者の比率が上昇。

図1−2−2 一人暮らし高齢者の動向

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む