第1章 高齢化の状況

2 高齢者の経済状況

○高齢者世帯は、世帯人員一人当たりの年間所得が全世帯平均と大きな差はなく、6割強の世帯は所得が公的年金・恩給のみ

・高齢者世帯の平均年間所得は297.0万円で、全世帯平均(547.5万円)の半分強(表1−2−3)。

・世帯人員一人当たりでは、高齢者世帯の平均世帯人員が少ないことから、192.9万円となり、全世帯平均(208.4万円)との間に大きな差はみられない。

・高齢者世帯の約6割において、所得が公的年金・恩給のみとなっている(図1−2−4)。

表1−2−3 高齢者世帯の所得
区分 平均所得金額
一世帯当たり 世帯人員一人当たり(平均世帯人員)
高齢者世帯 総所得 297.0万円   192.9万円(1.54人)
稼働所得 52.6万円 (17.7%)
公的年金・恩給 209.8万円 (70.6%)
財産所得 17.7万円 (6.0%)
年金以外の社会保障給付金 3.2万円 (1.1%)
仕送り・その他の所得 13.7万円 (4.6%)
全世帯 総所得 547.5万円   208.4万円(2.63人)
資料:厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成21年)(同調査における平成20年1年間の所得)
(注)高齢者世帯とは、65歳以上の者のみで構成するか、又はこれに18歳未満の未婚の者が加わった世帯をいう。
図1−2−4 高齢者世帯における公的年金・恩給の総所得に占める割合別世帯数の構成割合
○世帯主が65歳以上の世帯では、一人当たりの支出水準は全世帯平均を上回り、貯蓄は全世帯平均の1.4倍

・世帯主が65歳以上の世帯の一人当たりの支出(年間)は131.0万円で、全世帯平均の122.3万円を上回る(図1−2−5)。

・世帯主が65歳以上の世帯の平均貯蓄額2,305万円で、全世帯平均1,638万円の約1.4倍、4,000万円以上の貯蓄を有する世帯主が65歳以上の世帯は16.8%であり、全世帯(10.0%)の1.7倍に近い水準(図1−2−6)。

図1−2−5 世帯主の年齢階級別世帯人員一人当たりの1年間の支出
図1−2−6 貯蓄現在高階級別世帯分布
○生活保護受給者(被保護人員)は増加傾向

・平成21(2009)年における65歳以上の生活保護受給者は69万人で、前年より増加(図1−2−7)。

・平成21(2009)年では65歳以上人口に占める65歳以上の生活保護受給者の割合は2.37%であり、全人口に占める生活保護受給者の割合(1.31%)より高くなっている。

図1−2−7 被保護人員の変移

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む