第1章 高齢化の状況

4 高齢者の就業

○高齢者の雇用情勢は平成15(2003)から19(2007)年にかけて大幅に改善したが、近年は悪化傾向

・高齢者の雇用情勢は、平成15(2003)から19(2007)年にかけて大幅に改善したが、近年、経済情勢の急速な悪化を受けて失業率が悪化傾向(図1−2−11)。

図1−2−11 年齢階級別にみた完全失業率
○労働力人口総数に占める65歳以上の人の比率は引き続き上昇

・平成22(2010)年の労働力人口は6,590万人で、前年と比べ27万人の減少。ただし、労働力人口のうち65歳以上の高齢者は増加(図1−2−12)。

・労働力人口総数に占める65歳以上の人の比率は8.9%に上昇し、昭和55(1980)年から上昇を続けている。

図1−2−12 労働力人口の推移

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む