第1章 高齢化の状況

3 高齢者の健康・福祉

○高齢者の要介護者等数は急速に増加しており、特に75歳以上で割合が高い

・65歳以上の要介護者等認定者数は平成20(2008)年度末で452.4万人であり、13(2001)年度末から164.7万人増加し、第1号被保険者の16.0%を占める(図1−2−8)。

・75歳以上で要介護の認定を受けた人は75歳以上の被保険者のうち21.6%を占める(表1−2−9)。

図1−2−8 第1号被保険者(65歳以上)の要介護度別認定者数の推移
表1−2−9 要介護等認定の状況
単位:千人、( )内は%
65〜74歳 75歳以上
要支援 要介護 要支援 要介護
187
(1.2)
455
(3.0)
1,014
(7.6)
2,868
(21.6)
資料:厚生労働省「介護保険事業状況報告(年報)」(平成20年度)より算出
(注)経過的要介護の者を除く。
○主に家族(とりわけ女性)が介護者となっており、「老老介護」も相当数存在

・要介護者等からみた主な介護者の続柄をみると、介護者の6割が同居している人。

・その主な内訳は、配偶者が25.0%、子が17.9%、子の配偶者が14.3%。性別では男性が28.1%、女性が71.9%と女性が多い(図1−2−10)。

・同居している介護者の年齢について、男性では65.8%、女性では55.8%が60歳以上であり、いわゆる「老老介護」のケースも相当数存在。

図1−2−10 要介護者等からみた主な介護者の続柄

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む