第1章 高齢化の状況

第1章 高齢化の状況

第1節 高齢化の状況

1 高齢化の現状と将来像

(1)5人に1人が高齢者という社会

我が国の総人口は、平成22(2010)年10月1日現在、1億2,806万人であった。

65歳以上の高齢者人口は、過去最高の2,958万人(前年2,901万人)となり、総人口に占める割合(高齢化率)も23.1%(前年22.7%)となった。

65歳以上の高齢者人口を男女別にみると、男性は1,264万人、女性は1,693万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は74.7であり、男性対女性の比は約3対4となっている。

また、高齢者人口のうち、「65〜74歳人口」は1,528万人(男性720万人、女性808万人、性比89.0)で総人口に占める割合は11.9%、「75歳以上人口」は1,430万人(男性545万人、女性885万人、性比61.5)で、総人口に占める割合は11.2%である(表1−1−1)。

表1−1−1 高齢化の現状
単位:万人(人口)、%(構成比)
  平成22年10月1日 平成21年10月1日
総数 総数
人口(万人) 総人口 12,806 6,236
(性比)94.9
6,570 12,751* 6,213
(性比)95.0
6,538
高齢者人口(65歳以上) 2,958 1,264
(性比)74.7
1,693 2,901 1,240
(性比)74.7
1,661
65〜74歳人口(前期高齢者) 1,528 720
(性比)89.0
808 1,530 720
(性比)89.0
809
75歳以上人口(後期高齢者) 1,430 545
(性比)61.5
885 1,371 520
(性比)61.0
852
生産年齢人口(15〜64歳) 8,152 4,102
(性比)101.3
4,050 8,149 4,101
(性比)101.3
4,048
年少人口(0〜14歳) 1,696 869
(性比)105.2
827 1,701 872
(性比)105.1
829
構成比 総人口 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0
高齢者人口(高齢化率) 23.1 20.3 25.8 22.7 20.0 25.4
65〜74歳人口 11.9 11.5 12.3 12.0 11.6 12.4
75歳以上人口 11.2 8.7 13.5 10.8 8.4 13.0
生産年齢人口 63.7 65.8 61.6 63.9 66.0 61.9
年少人口 13.2 13.9 12.6 13.3 14.0 12.7
資料:総務省「人口推計」(各年10月1日現在)
(注1)平成21年は「平成17年国勢調査」、平成22年は「平成22年国勢調査人口速報集計」による人口を基準としている。
(注2)「性比」は、女性人口100人に対する男性人口
*平成22年国勢調査人口速報集計結果を基に遡及的に補正した暫定値は12,803(万人)

平成22(2010)年は75歳以上人口が大きく増加している一方で、65〜74歳人口が若干減少している(図1−1−2)。

図1−1−2 高齢者人口の対前年度増加数の推移

我が国の65歳以上の高齢者人口は、昭和25(1950)年には総人口の5%に満たなかったが、45(1970)年に7%を超え(国連の報告書において「高齢化社会」と定義された水準)、さらに、平成6(1994)年にはその倍化水準である14%を超えた(「高齢社会」と称された)。そして、今、まさに23%を超え、5人に1人が高齢者、9人に1人が75歳以上人口という「本格的な高齢社会」となっている。


目次     次の項目に進む